琉球薬膳料理研究家の宮國由紀江さんが教えてくれる薬膳レシピ「野菜と魚介のスープ」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年7月20日更新

琉球薬膳料理研究家の宮國由紀江さんが教えてくれる薬膳レシピ「野菜と魚介のスープ」

気・血・水のバランス整え心身快調に 薬膳でメンテ[52]
不眠|精神を安定させ、安眠効果が期待できる「野菜と魚介のスープ」

 Dさん 男性(60代)

「不眠」

【訴え】
訴え 定年退職後あちらこちらに不調を感じ始めた。数年前から夜の寝付きが悪く、寝付くまでに時間がかかる。寝たと思えば、夜尿もありスッキリ寝た感じがしない。難聴や、腰痛にも悩まされる。老後、いろいろ楽しもうと考えていたが、思うように活動できない。今後を考えると心配になる。


腎補い心を安定させる


相談者の症状である不眠から「心」、難聴や腰痛から「腎」に関連すると判断しました。
中医学の「心」は、現代医学の心臓に近いのですが、イコールではありません。心は心臓と同じく、主な働きとして、全身に血を送り出し各部に巡らせます。中医学では、そのほかに、精神的な働きを管理するのも心と考えます。物事を考えたり、意識したり、感情など精神的な機能と関わりがあります。そのため、不眠や夢を多く見るなどの症状がある場合は、心の状態が不安定ではないかを確認します。
もう一つ関連する臓器「腎」は、体内で最も大切な臓器の一つです。中医学では、広く生殖や成長、発育、ホルモンの分泌、免疫系などの機能を併せ持つ生命の源と考えられています。腎の主な働きは、生命を維持するエネルギー源「精」(成長・生殖機能)を蓄え、体内の水分をコントロール(排尿)すること。その他に酸素を深く吸い込む機能、骨や歯、脳、髪などの生育、耳、尿道、肛門の機能維持といった働きもあります。腎に蓄える精が不足して機能が衰えると、腰痛や聴力の衰え、不妊症や精力の減退、更年期、骨粗しょう症、排尿トラブル、脱毛、健忘症、といった不調が現れます。


心の熱が睡眠障害に

心は陽の代表、腎は陰の代表とされ、心火、腎水という言葉もあります。腎水(腎精)が不足すると、心の熱が変化し炎となり、興奮し、寝付きが悪くなり、睡眠障害となります。腎水は車のエンジンの熱を冷やすラジエーターのイメージです。
対策は、腎精と心の血を補充して心の火の高ぶりを抑え、安定させること。そうした食材を積極的に取るよう、アドバイスしました。
Dさんは3カ月食事療法を継続し、これまでの症状がすべてといってよいほど緩和。以前は体調に悪いところはあるか? という質問に対して用紙いっぱいに症状が羅列されていましたが、3カ月後には書くことがなくなったそうで、白紙の状態でした。


野菜と魚介のスープ|琉球薬膳料理研究家の宮國由紀江さん

精神を安定アサリ、チンゲン菜
腎補うキクラゲ、キャベツ

野菜と魚介のスープ
[精神を安定させ、安眠効果が期待できる]

 

●材料(4人分)
エビ 24本
アサリ(殻つき) 40g
900ml
クワンソウの根 30g
キャベツ 200g
ニンジン 50g
チンゲン菜 2株
キクラゲ 2枚
バター 10g
小さじ1
 
●作り方 
1. エビの殻をむく。
2. 沸騰した鍋に、1のエビと殻つきのアサリ、クワンソウの根を入れ、だしをとる。
3. 2のアサリは殻と身を分け、エビも鍋から取り出す。
4. キャベツ、ニンジン、キクラゲは千切りにし、チンゲン菜は3cm程度にカットする。
5. 2のだしにカットした4の野菜を入れ加熱する。
6. 全体の火の通りを確認したら、3のアサリ、エビを入れ一度沸騰させる。塩で味を調え、バターを入れて出来上がり。


食材の効果レシピから

エビ 血を補う、熱を冷まし、潤す
アサリ 精神を安定させる、血を補う、熱を冷ます
クワンソウの根 精神を安定させる、熱を冷ます、血を補う
キャベツ 腎を補う、胃を健やかにする、熱を冷ます
ニンジン 血を補う、潤す
チンゲン菜 精神を安定させる、熱を冷ます、胃腸を健やかにする
キクラゲ 潤す、血を補う、腎精を補う

 

お勧めの食材

アーモンド・クワの実・カキ・スズキ・鶏卵・豚の心臓・小麦・黒米・ササゲ・カシューナッツ・黒ゴマ・枝豆・カリフラワー・キャベツ・ブロッコリー・マッシュルーム・プルーン・ブルーベリー・うなぎ・エビ・サザエ・シシャモ・スッポン・タイ・豚肉・豚まめ・ヤマイモ・黒豆・アスパラガス・キクラゲ・イカ・豚の髄・エリンギなど



<過去の薬膳レシピ>



琉球薬膳|薬膳龍花 主宰|宮國由紀江さん|funokinawa
[文]
宮國由紀江(みやぐに・ゆきえ)
「薬膳龍花」主宰。国際中医薬膳講師、栄養士。沖縄の食材を使った琉球薬膳料理を研究している。
http://www.y-ryuka.com/​


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』薬膳でメンテ・第1566号 2017年7月20日掲載
[薬膳・ヘルスケア・不眠]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1495

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る