奇跡の南大東島 浪漫孤島【3】お母さんに習う大東寿司作り|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

地域と暮らし

2017年9月14日更新

奇跡の南大東島 浪漫孤島【3】お母さんに習う大東寿司作り

沖縄本島の那覇市から東へ400キロ。断崖絶壁の孤島での感動体験レポ! 大東寿司レシピと寿司作り体験から見る島。

島のお母さんから聞く話


南大東島に来て、一番の楽しみにしていたこと!

そ・れ・は、、、

大東寿司づくり体験!!

教えてくださるのは、右から菊池涼子さん、宜保文子さん、玉城ヒサさん、玉那覇フジ子さんの4人です。



実は、午前中の島内観光がもりだくさんで、ちょっと遅れちゃったんです(笑)。
なので、寿司とあわせて、作る予定だった「大東オムレツ」は、作り始めていてくれました。話を聞きながら、そのまま作っている様子を見学。

もともとは八丈島からの移って来た方たちの家庭ではよく作られ、食べられていたものとのこと。沖縄出身の家系の家庭では作ったことがないという話も、とても興味深かったです。
同じ島の中に、違うルーツの文化があるんですねー。


薄焼きの卵


手前半分ほどのスペースに具を入れて


箸とフライ返しでくるんと返して、包みます。


オムレツの具は、マッシュポテトに、火を通して細かく刻んだ鶏肉、ニンジン、タマネギを混ぜたもの。
各ご家庭によって野菜の取り合わせは少し変わるようです。


フジ子さん、焼きあがるのを待ちます。


 

いよいよ、大東寿司づくり


さぁ! 作り方を、、、と思ったんですが、あまりにも玉城さんの笑顔がステキだったので、まず写真スタートで♪



大東寿司は、白身の魚をヅケにして、甘めの酢飯で握ったもの。

この日に教えてもらった大東寿司レシピをご紹介します!

【大東寿司】
ヅケ
  • 白身魚
  • キッコーマンの濃い口しょうゆ

酢飯
  • 炊きあがった米1㎏
  • 酢・・・・・・・・・・・45ml
  • 砂糖・・・・・・・・・120g






今回は、台風の発生に伴って海があれていたため、漁に出ることができず、魚がほとんど揚がっていない状況でした。こういう時に、島の自然環境の厳しさ、そこから想像する日々の生活についての実像を見る気がします。
「本当は白身魚で作るのですが、今回はマグロで」と菊池さん。

でも、このマグロも南大東村の近海産。立派なサクですね。ある意味贅沢な大東寿司に!!

大東寿司は切り身をなるべく薄く切ること。
「切れる包丁を使って、刃渡りを全部使って長く引く様にする」
そのアドバイス通りにやってみると、初めてでしたがうまくいきました!




今回、漬けるのはキッコーマンの濃い口しょうゆにそのまま。
砂糖やみりんなどを加えて甘めにするレシピもあるようですが、菊池さんいわく
「この方がさっぱりして、いくらでも食べられるんです! ウフフ」
と、にっこり!

たくさん食べたいので、何の異論もありません!! ウフフ(笑)。


白身魚で漬ける時は、しっかりと味を染みこませるために、少し漬けたまま置いてもいいと言っていました。そのあたりは好みのようですが、マグロ(赤身)の場合は黒くなってしまうので、今回は見た目も気にして、くぐらせる程度に。

その後は、ザルの上に置いて、余分なしょうゆをきります。



その間に、約20グラムで酢飯を握り、好みでワサビを乗せます。



先ほどのヅケにした切り身を乗せて、完成!!



この後は、おいしくぺろりといただきました!!
みなさん、丁寧に教えて下さってありがとうとざいます。

旅の思い出が、交流できたことを通してとても深まっています。




【関連コラム】

<web担当が行く南大東島>
④太平洋を一望! 海軍棒プール
③感動体験!星野洞
②歴史と絶景、食文化を満喫
①魅惑の断崖絶壁の孤島「南大東島」

<ぎだちゃんのコラム>
⑦奇跡の南大東島 浪漫孤島【7】お土産は、コレを買え!!
⑥奇跡の南大東島 浪漫孤島【6】松。・・・松?
⑤奇跡の南大東島 浪漫孤島【5】生きている鍾乳洞。感動の地下空間!!
④奇跡の南大東島 浪漫孤島【4】満足力を上げる秘訣は「人」
③奇跡の南大東島 浪漫孤島【3】お母さんに習う大東寿司作り​
②奇跡の南大東島 空気感
①奇跡の南大東島 浪漫孤島【1】はじまり。

地域と暮らし

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る