奇跡の南大東島 浪漫孤島【5】生きている鍾乳洞。感動の地下空間!!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

地域と暮らし

2017年10月9日更新

奇跡の南大東島 浪漫孤島【5】生きている鍾乳洞。感動の地下空間!!

沖縄本島の那覇市から東へ400キロ。断崖絶壁の孤島での感動体験レポ! 星野洞の絶景を写真で。本物にはおよびもつきませんが・・・。

人生の中で衝撃を受けた場所 ベスト3に入る

ハッキリ言って写真では伝わりません。
でも、写真からも伝わることがあると信じて載せます。

いや、ここは是非一度行って、直接見てほしい場所です。


星野さんの畑の下から見つかって、星野洞と名付けられた鍾乳洞。


入口。



足を進めると、外の暑さがやわらぎ、徐々に空気の温度が下がります。期待感が高まる長い下り坂のその先に、、、。





何ということでしょう。
そして、大小さまざまな種類があり、現在も成長を続けています。



ストロー石と呼ばれる細い管状の鍾乳石。一つ一つは細いですが、天井から無数に垂れ下がる様子は圧巻です。




まるで鍾乳石のカーテン! 風になびく柔らかな布のような風合い。でも石です。白い鍾乳石と茶褐色の鍾乳石が混じり合ってマーブル状に。これもまた珍しいようです。実際、自分は生まれて初めて見ました。






ヘリクタイトという鍾乳石。短くて、多方向に向く。中には重力に逆らうように発達しているものも。


もともとつながっていた鍾乳石。南大東島は1年に7センチ前後、地盤ごと動いている。天井と底面のずれが生じて、折れたとのこと。地面がどっちの方向に移動したのかが分かる貴重な場所。


チョコとバニラのミックスソフトクリームみたい!! と興奮したのはこの鍾乳石。同じ場所で、色の違うものが混ざらずに混在していることが珍しいんですって。珍しそう〜。


個人的には、この白さ、草加せんべいの白い砂糖化粧がついたおせんべいの表面みたい!











もう一度行きたい場所。
今回は生けなかったけれど、地底湖探検ツアーとかも行きたい。



<web担当が行く南大東島>
④太平洋を一望! 海軍棒プール
③感動体験!星野洞
②歴史と絶景、食文化を満喫
①魅惑の断崖絶壁の孤島「南大東島」

<ぎだちゃんのコラム>
⑦奇跡の南大東島 浪漫孤島【7】お土産は、コレを買え!!
⑥奇跡の南大東島 浪漫孤島【6】松。・・・松?
⑤奇跡の南大東島 浪漫孤島【5】生きている鍾乳洞。感動の地下空間!!
④奇跡の南大東島 浪漫孤島【4】満足力を上げる秘訣は「人」
③奇跡の南大東島 浪漫孤島【3】お母さんに習う大東寿司作り​
②奇跡の南大東島 空気感
①奇跡の南大東島 浪漫孤島【1】はじまり。

地域と暮らし

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る