奇跡の南大東島 浪漫孤島【6】松。・・・松?|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

地域と暮らし

2017年10月10日更新

奇跡の南大東島 浪漫孤島【6】松。・・・松?

沖縄本島の那覇市から東へ400キロ。断崖絶壁の孤島での感動体験レポ! 立派な松。

村を歩くと松

沖縄本島では、松くい虫の被害から、立派な松が姿を消しつつあります。
街中も開発が進み、松の木そのものが減ったんだとは思いますが、、、自分が住んでいる読谷村の松も、立ち枯れしている木が目立ちます。


そんな中、南大東村内には大きな松が点在していました。



松のことが格別好きというわけではありませんが、立派だな~、と感じました。

下の写真の松の木も建物で言ったら4階までありそうな高さ。
その下にある白い建物は、新しい村営住宅です。



住む場所が確保できたら、Uターンしたいという若い世代が戻ってこれるようにという配慮のようです。
家を建てるとなると、建築費のほかに資材の運搬費用がかさむので、若い世代が家を建てて島で暮らす、、というのは経済的に難しい現実がありますよね。離島ならでは、、というところだと思います。

松を見ていたのは、実は「塩屋の松並木」という場所があり、そこに向かって、南大東島にあるフロンティアロードという遊歩道を歩いていたのです。

「しおや~の まっつなみき~~♪」

歩けど、歩けど、フロンティアロード。着かない。
集合時間に間に合うように、と急いでいたんですが、
「もう、戻らないと間に合わない!!」と、たどり着けずにホテルに戻りました。

どうやら、あと少しの場所までいっていたようですが、、、。あきらめてしまったこと、少し後悔しています。次に行く時には必ず見に行かなくちゃ。



松マニアではありませんが、立派な松だと感じました。



<web担当が行く南大東島>
④太平洋を一望! 海軍棒プール
③感動体験!星野洞
②歴史と絶景、食文化を満喫
①魅惑の断崖絶壁の孤島「南大東島」

<ぎだちゃんのコラム>
⑦奇跡の南大東島 浪漫孤島【7】お土産は、コレを買え!!
⑥奇跡の南大東島 浪漫孤島【6】松。・・・松?
⑤奇跡の南大東島 浪漫孤島【5】生きている鍾乳洞。感動の地下空間!!
④奇跡の南大東島 浪漫孤島【4】満足力を上げる秘訣は「人」
③奇跡の南大東島 浪漫孤島【3】お母さんに習う大東寿司作り​
②奇跡の南大東島 空気感
①奇跡の南大東島 浪漫孤島【1】はじまり。

地域と暮らし

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る