夏本番! 日差しと汗に負けないでキレイをキープする方法 Vol.2|遠藤美絵のコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

みんなの投稿|funokinawa読者投稿フォーム

COLUMN

遠藤美絵

2017年8月4日更新

夏本番! 日差しと汗に負けないでキレイをキープする方法 Vol.2|遠藤美絵のコラム

遠藤美絵さんのfunokinawaコラム vol.13

日差しと汗に負けず一日中キレイを保つコツを、一般社団法人 日本スポーツビューティ協会代表理事 橋本ワコさんに伺うシリーズ Vol.2の今回は、夏のスポーツ時でも崩れにくいメイク術や日焼け対策、すぐに使える裏技についても教えていただきました。
(前回 https://fun.okinawatimes.co.jp/column/detail/4702



遠藤
前回の「日焼け止めの塗り方」については目からウロコの技を教えていただきました。今回は、崩れにくいメイク法についても伺いたいと思っています。ワコさんはランニングやトライアスロンもされるとのことですが、その時はメイクをするのですか?

橋本
はい、しています。ランニングの時は、お顔は通常の3倍の量の日焼け止めのを塗ってからファンデーションを塗り、フルメイクで出場しています。 トライアスロンの時は水にぬれるので、日焼け止め+BBクリーム、眉は整える程度で必要最低限で臨んでいます。

遠藤
すごい! きちんとフルメイクをされているのですね。

橋本
そうですね。私が代表をしているスポーツビューティ協会では「強くて美しい」をコンセプトに活動しています。日差しの中でスポーツしている女性が、イキイキと美しく存在していることが大切だと考えています。

遠藤
「強くて美しい」ってとってもステキだと思います。

橋本
具体的には、お客さまにはまつ毛を上げてアイラインを入れ、眉毛も描いて出場することをおススメしています。チークは代謝が上がることにより自然なお色味が出てくるので、あえて入れなくても大丈夫。唇は、SPF成分が入っているリップクリームを使います。



眉毛については自然な長さにして整えておくのがポイント。そのためには、抜き過ぎたり、切り過ぎないことが大切です。 私はトライアスロンもしますが、水にぬれるのでまつ毛はエクステで対応しています。 エクステはまつ毛がなくなるから嫌だという方もいらっしゃいますが、汗でメイクが流れてノーメークになった際に目の大きさが全く違ってくるので、無理のない範囲でおススメしています。

遠藤
なるほど。日差しの下でスポーツする際も、お顔のポイントになる部分を整えておくことが大切なのですね。私もネイチャーウォーキングを実施する際には、ぜひ気を付けたいことばかりです。 では、次はお手入れについて伺います。日差しの下で過ごした後のお手入れはどうされていますか?



橋本
顔を冷やすことが大切です。顔が赤くなっていなくても、メラニンを沈静化させるために冷やしてもらいたいのです。そして目からも紫外線が入ってきているので、UVケア効果のある目薬をさすのもおススメです。

遠藤
冷やす場合は、シートマスクなどを使っているのですか?

橋本
もちろん、シートマスクなどは最適ですが、冷えたペットボトルをほてった額や頬などにあてるだけでもいいんですよ。 私は、シャワーを浴びる前にぬれタオルを冷凍庫に入れておいて、シャワー後にそのタオルを顔にあてて1分ぐらい冷やしています。 例えば、トライアスロンに出場した時などは、足をアイシングしながら顔も冷やしていますよ。とにかく冷やす、が大切です。スポーツしている最中でも「まず冷やす」ことがポイントです。

遠藤
日差しを浴びている最中からケアするんですね! やはり手間を惜しまないことですね。 スポーツする時は顔だけでなくカラダも日焼けしてしまいますが、日焼け止めの塗り方のコツはありますか?

橋本
基本は、ハダカの状態で塗ること! ウエアを着る前に全身塗るのがポイントです。ウエアを着てから塗ると肌とウエアの間に塗り残しが発生してしまいます。

遠藤
今後の目標は?

橋本
ぜひ沖縄のマラソン大会で、今まで培ってきたノウハウをお伝えしてみたいです。日本全国のマラソン大会や、ホノルルマラソンで、スキンケア、メイクアップ、ウェアコーディネートの三つの柱で構成される「スポーツビューティー」をアドバイスする「レディーススペース」を担当し、現地でセミナーする機会をいただいてきました。日差しが気になるとスポーツに集中しにくかったり、コンディションを戻すのも時間がかかってしまうので、みなさまに的確にアドバイスできる機会を増やしていきたいです。

遠藤
私もネイチャーウォーキングツアーなど日差しを浴びたり汗をかくことが多いので、今回は大変参考になるお話ばかりでした。意識してこまめにケアしていきたいと思います。




橋本ワコ
一般社団法人 日本スポーツビューティ協会代表理事
http://www.sports-beauty.com/

一部上場企業の役員秘書として実績を重ね、トップクラスのビジネスパーソンたちが輝く姿に数多く触れる中、人を輝かせる技術・理論をもっと追及したい、と発起。 ファッション、メイクを軸に、専門技術を独自の視点で活かした「トータルで人を輝かせるスタイリング」を追求している。 また、11年前よりランニングを始めたことから、パフォーマンスだけでなく、「スポーツする姿も美しく」を、waco流「スポーツビューティ」のモットーとし、スキンケア、メイクアップ、ウェアコーディネート、三つの柱で構成される、独自の「スポーツビューティ」を提唱中。

Photo:飯島美恵里 撮影協力:CHELSEA GARDEN


遠藤美絵のコラム
・vol.13 夏本番! 日差しと汗に負けないでキレイをキープする方法 Vol.2​
・vol.12 夏本番! 日差しと汗に負けないでキレイをキープする方法
・vol.11 〜大人の遠足〜 全てが世界基準! OISTツアーへ
・vol.10 雨の時のウォーキング
・vol.09 ウエアラブル
・vol.08 無理せず楽しくウオーキングを継続する方法
・vol.07 ○○しながらエクササイズ法
・vol.06 リムジンパーティーで過ごす極上女子会
・vol.05 エレガントに見える仕草
・vol.04 ガンバらない美の法則
・vol.03 痩せる座り方
・vol.02 キレイに立つだけ
・vol.01 おなか凹ませ呼吸法

遠藤美絵

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
遠藤美絵

これまでに書いた記事:13

美呼吸ウォーキング主宰。
美しい姿勢と呼吸法を組み合わせた「美呼吸ウォーキング」メソッドを考案。自然体でしなやかな筋肉と美しいラインを手に入れるレッスンを開催。

ウォーキング講師として活動し始めた矢先、主人の転勤にて沖縄へ居住。
親戚も知り合いもいない土地で、一からレッスンを立ち上げる。
口コミで広がる生徒様に支えられ、通常レッスン他、企業・行政・イベント・各種講座にて講座開催。
沖縄本島のみならず、八重山地方・離島でもレッスン実績多数。
4年後、転勤にて神奈川に戻るが、月に1回のレッスンツアーを催行しレッスンを継続している。東京と沖縄を拠点に全国でレッスンを展開。

また、スタジオを飛び出し、自然と調和し五感で感じる地域密着型の旅を企画運営する 「地域みりょく発見プロデューサー」 として全国でツアーコーディネートも行う。

funokinawa コラム一覧

TOPへ戻る