ガンバらない美の法則 〇〇しながらエクササイズ法|遠藤美絵のコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

遠藤美絵

2017年1月20日更新

ガンバらない美の法則 〇〇しながらエクササイズ法|遠藤美絵のコラム

【遠藤美絵さんのコラムvol.7】
冬は脂肪をため込みがちな季節。すぐにでもダイエットを始めたいけれど、寒いこの季節は外に出て体を動かすのも面倒。なんとなく体が重くすっきりしないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、特別な時間やお金をかけずに毎日の家事やデスクワークがエクササイズに代わる方法を三つご紹介します。
いつもの生活のワンシーンの質を上げて代謝もアップさせましょう。


 

【キッチンに立つだけエクササイズ】

ご飯を作る時間も意識すればエクササイズタイムに。
コツはシンクに寄りかからない立ち姿勢です。
1.シンクに立つ際は、おなかとシンクの間に常にこぶし1個分あけて しっかり足の裏で立つ。
2.シンクでおなかを支えないように、腹筋と背筋を意識して作業。
3.下を向く作業が続いたら、一度目線を上げて姿勢をリセット。

タマネギのみじん切りの際に下っ腹にタマネギが付くのは、 シンクに寄りかかって立っている証拠。ドキッとした方は まず美しくキッチンで作業することを心がけてみてください。
 

【坐骨(ざこつ)座りで太もも引き締めエクササイズ】

座る姿勢は実は筋肉がお休みしている状態になっています。 実はちょっとした意識で、おなか周りと太ももシェイプアップが可能です。



1.足の裏全体を床にしっかり着地させて座面に座る。
2.最初にお尻の下に手を置き座る。この時にゴリゴリとする部分が座骨。この坐骨を座面に垂直にするように座る。
3.腹筋と背筋でしっかり体を支えて座り姿勢をキープ。

パソコン作業やテレビを見ている時など、長時間ゆがんだ姿勢で座っていると実はカラダには負担がかかってしまいますので、意識して座ってみましょう。
 

【お掃除しながらエクササイズ】

お掃除時間は既にカラダを動かしていますので、さらに引き締め効果を意識していくと ヒップや下半身の引き締めに効果的です。
1.机や棚を拭く際は片足重心でバランス
 ・自分よりちょっと高い場所は、片足立ちでバランスをとりながらお掃除。
 ・自分より低い場所は、両足を開いてしっかり立ち、スクワットをしながら拭き掃除。しっかり腹筋とヒップの筋肉を使いながらバランスをとる意識で。
2.掃除機をかけるときは、カラダの後ろの筋肉を使ってシェイプアップ
ヨガの英雄のポーズのイメージ(写真参照)で、後ろ足でしっかり床を踏み込みながら、 重心を後ろから前に移動させて掃除機を押し出すようにかける。



時間とお金をかけなくても、日常のちょっとしたコツを意識するだけで自然にカラダは引き締ってきます。
何より続けやすいので、ガンバり過ぎず楽しみながら行ってみてくださいね。



遠藤美絵のコラム
・vol.12 夏本番! 日差しと汗に負けないでキレイをキープする方法
・vol.11 〜大人の遠足〜 全てが世界基準! OISTツアーへ
・vol.10 雨の時のウォーキング
・vol.09 ウエアラブル
・vol.08 無理せず楽しくウオーキングを継続する方法
・vol.07 ○○しながらエクササイズ法
・vol.06 リムジンパーティーで過ごす極上女子会
・vol.05 エレガントに見える仕草
・vol.04 ガンバらない美の法則
・vol.03 痩せる座り方
・vol.02 キレイに立つだけ
・vol.01 おなか凹ませ呼吸法

遠藤美絵

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
遠藤美絵

これまでに書いた記事:13

美呼吸ウォーキング主宰。
美しい姿勢と呼吸法を組み合わせた「美呼吸ウォーキング」メソッドを考案。自然体でしなやかな筋肉と美しいラインを手に入れるレッスンを開催。

ウォーキング講師として活動し始めた矢先、主人の転勤にて沖縄へ居住。
親戚も知り合いもいない土地で、一からレッスンを立ち上げる。
口コミで広がる生徒様に支えられ、通常レッスン他、企業・行政・イベント・各種講座にて講座開催。
沖縄本島のみならず、八重山地方・離島でもレッスン実績多数。
4年後、転勤にて神奈川に戻るが、月に1回のレッスンツアーを催行しレッスンを継続している。東京と沖縄を拠点に全国でレッスンを展開。

また、スタジオを飛び出し、自然と調和し五感で感じる地域密着型の旅を企画運営する 「地域みりょく発見プロデューサー」 として全国でツアーコーディネートも行う。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る