Manamiのカフェめぐり|女子4人「いったん全部忘れる」ツアー|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

ビストロ食堂ChezNori468

COLUMN

Manami

2017年6月1日更新

Manamiのカフェめぐり|女子4人「いったん全部忘れる」ツアー

私の大好きな沖縄カフェ巡り「MAGENTA n blue」
今回は気分をチェンジ「女子ツアー」



「じゃあさ、ベートーヴェンの一生を描いた映画「immortal beloved」見たほうがいいよ。
耳が聞こえないのにベートーヴェンがピアニストの演奏に対してアドバイスするシーンが深すぎるから!!」
りのさんと会うといつも芸術や表現に対するアドバイスやインスピレーションをもらえます。
恩納村まで向かう車の中、後部座席で私たちは真剣に語り合っていました。

「自分の表現の幅をもっと広げたいです。制作期間はかなり行き詰まっていました。」
りのさんに私が弱音を吐いたのがきっかけで今回の恩納村ツアーへ連れてきてもらいました。
メンバーはりのさん含め女子4人。
職業も環境もみんなそれぞれですが、目的は完全に一致。

そう、私たちの目的は
「いったん全部忘れる」



女子4人の「いったん全部忘れる」ツアーのプランはこちら。

  1. 北谷のカフェでドーナツを食べる。(できる限り食べる)
  2. 恩納村シャラトンホテルでマリンスポーツ「メガジップ」を体験する。(できる限り叫ぶ)
  3. 恩納村に新しくできたスムージー屋さんでまったりする。(できる限り語り尽くす)


ツアーの中でカフェへ行くことは必須事項です。
女子にとってのカフェはテレビゲームでいうとセーブポイントみたいなかんじなんですよね。
「語り尽くす」場所=カフェさえあれば、私たちはある程度ストレス発散できてしまうのです。



スリル満点のメガジップを楽しんだ後は、シェラトンホテルから車で10分、
58号線沿いにかわいいピンクの建物を発見。
ここは去年オープンしたばかりの噂のスムージー屋さん「MAGENTA n blue」。




#pink #smoothie #pine #flower #love #heart #mango #beach

このハッシュタグに反応しない女子はいません。
インスグラムに載せたい!欲を掻き立てられ
フォトジェニックなかわいい店内を歩き回り、第一回目の撮影大会が終了。



その後私たちはスムージーを注文して、さらに「かわいい」がちりばめられた屋上へと向かいます。



ピンクグリーンやブルー。パステルカラーに塗られた椅子にそれぞれ腰掛けると
りのさんがこう始めました。
「第一の人生がダンサー、第二の人生は女優、第三の人生はこんな場所でゆっくりしたいよね。海の近くで、スムージーのみながら、that’ll be so fun!!」
みんなそれを聞いて笑うともう一人の友達がこう続けました。
「私の場合は結婚したらやっぱり生活ガラッと変わったな。第三の人生は子供が自立した後かな?」
私はどうだろうとふと考えました。
私はまだ第一の人生の半分も生きていない気がする。
歌手としての人生が第一の人生なら、第2、第3の人生はどんな自分になっているだろう?
これから何が起こるのか楽しみだな。



かわいいものに囲まれると湧き上がるワクワク感。
気の知れた女友達と過ごす安心感。
私の飲んでいるパインスムージーのフレッシュな甘さは
心も体も癒してくれました。

ツアーの行程が全て終了し、私たちは帰りの車の中で
宇多田ヒカルさんの曲を聞きました。

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界
もう幻。。。
「真夏の通り雨」

そして私たちは「いったん忘れるツアー」から
現実に引き戻されて再び思い出すのです。

「ねぇねぇ、聞いて。今の好きな人がさ。。。。」

始まってしまいました。ここから本題です。笑。
こうして女子の旅は永遠に続くのでした。





MAGENTA n blue
住所
沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1780(地図
TEL
08025407373
営業時間
10時~16時
定休日
なし


Manamiさんのコラム
vol.10 MAGENTA n blue
vol.09 象の鼻テラス
vol.08 がじまんろー
vol.07 レーベルカフェトーキョー
vol.06 DJARM12
vol.05 BRASSERIE ESPRIT
vol.04 オキナワ フュージョン パティスリー モンクレア
vol.03 NIWACAFE
vol.02 saborami
vol.01 gigicafe

Manami

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
Manami

これまでに書いた記事:10

沖縄県那覇市出身、学生時代を東京で過ごし2008年世界的プロデューサーファレル・ウィリアムス(2014年グラミー賞受賞)と世界的デザイナーNIGO主催の『STAR BAPE SEARCH』でグランプリを受賞。

2010年6月「Yellow Stop」でCDデビュー、9月には第2弾シングル「Miss Little Voice」をリリース。故郷である沖縄でのライブがきっかけとなり、2010年11月同曲がオリオンサザンスターCMソングに大抜擢され、メインキャラクターとしてCMに出演する。2011年6月からの新曲「ベストフレンド」でも同商品の新CMにも出演、沖縄県内のメディアや店舗チャートで1位獲得。さらに2012年7月1stアルバム「ファンファーレ」を沖縄限定で発表。沖縄県内チャート1位を飾る。

スタイリシュなビジュアルとずば抜けた歌唱力で高い評価を得る中、2013年7月「Jungolden night(ジャンゴーデンナイト)」を発売し県内で大ヒットを記録。そして2014年8月にはオリオンサザンスターCM曲「シャングリラ」agre沖縄のCM曲「オレンジ」を含むNewアルバム「シャングリラ」が第7回CDショップ大賞2015 沖縄ブロック賞を受賞。

沖縄のビックイベントには欠かせない存在となり沖縄を代表するシンガーへと成長したManamiは今年2016年、10周年を迎えたオリオンサザンスターでもお馴染みである「昨日の僕を越えていく」、また今夏オリオンサザンスターCMソングに決定した新曲「踊れティーダ」を含むファン待望のアルバム「踊れティーダ」を7月6日ついにリリース!!今回も楽曲を、欅坂46や前田敦子などの楽曲を手がけ、日本の音楽シーンの第一線で活躍中の実の弟Daisuke Nakamuraがプロデュースしている。

沖縄ポップスの新たなる可能性を全国に広げていくManamiの活動に今後も目が離せない。

funokinawa コラム一覧

TOPへ戻る