宮古島の四季を感じる|親泊宗秀のコラム|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

親泊宗秀

2016年11月7日更新

宮古島の四季を感じる|親泊宗秀のコラム

宮古島市に住む親泊宗秀さんが沖縄・宮古島の自然や人々の暮らしをご紹介します。沖縄を遊ぶ・楽しむ vol.04



11月ともなると朝夕涼しさを通り過ぎ、寒さを覚えるようになってきた。日中の暑さはまだ続いているが、にわかに感じる寒さに心の準備どころか、衣の準備さえしていない。

「宮古島は四季がない」と異口同音に言われるが、そんなことはない。草花は自然のサイクルを敏感に感じ取り、衣替えをする。野草の穂は夕日にきらめいて、それは美しい。

それから、いたるところで見えるトンボ。行く先々で見えるので、もしかしたら追いかけてきたのでないかと疑いたくなるほどだ。





月明かりが雑木林を照らすころには、セミの鳴き声に代わって、虫たちが奏でる優しい合唱が聴こえてくる。

最も秋の訪れを告げるのが早いのは、青空にたなびく雲の存在だ。夏の盛りには、青空は自分のものだと言わんばかりに、入道雲がモクモクと幅を利かせているが、暑さの中にも、高層の雲たちは秋の気配を教えてくれる。白い絵の具で描き出すかのように天空のアーティストたちは、その思いを惜しみなく表現している。

夜空に浮かぶ月の傍らでは、さそり座も四季の変化を告げている。本土に比べると、南に位置する宮古島は日差しが強烈すぎて、春夏秋冬の訪れを肌で感じづらいのかもしれない。





けれど、あからさまに四季が無いと言い切るのは、いささか乱暴ではないだろうか。もしかしたら、四季の変化に気付きにくいのは、私たちのキャンパスに心の余白が無いからかもしれない。 

生活環境は、離島と都会の生活では大きな違いがある。ストレスのかかり方にも大きな差があるだろう。

どこで住もうが人が生活をしていく中で、かからないストレスは無いはずだ。

しかし、描き出す人生の絵画があるとしたら、大空に描かれる秋の雲のようにキャンバスの余白を広く取って、描き込まなくていいモノは、無理に描かなくてもいいのではないだろうか。誰かによって、「必ず描け!」と決められている訳ではないのだから・・・。

我々には自由意志があり、自ら判断して地球(ここ)で営みを続けている。そうやって考えると、大局を見て、小事を気にしない生き方にこそ、心の余白を増やすコツがあるのかもしれない。

間もなくすれば北風が強く吹くようになる。冬の装いができる事を心待ちにしている方にとっては、楽しい季節がやってくる。







親泊宗秀のコラム
vol.11 東松照明写真展
vol.10 宮古島の原風景(池間島)
vol.9 
御嶽
vol.8 麺にこだわる島人
vol.7 孫の味方
vol.6 珈琲の香りを喫む
vol.5 光に満ちた世界
vol.4 宮古島の四季を感じる

vol.3 夜の帷(とばり)が降りるころ
vol.2 宮古島からの便り ロマン・空想は尽きない。
vol.1 宮古島からの便り[赤浜]

親泊宗秀

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

キュレーター
親泊宗秀

これまでに書いた記事:14

1959年3月26日生まれ
宮古島市職員

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る