眼鏡で楽しむ かりゆしウエア|メガネ1番|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

わたしらしく

企業紹介

2019年4月4日更新

眼鏡で楽しむ かりゆしウエア|メガネ1番

[メガネ1番プレゼンツ]メガネとレンズのいい関係<11>
メガネ1番がさまざまなメガネやレンズを紹介。今回はかりゆしウエアと合わせるメガネの選び方やポイントについて、読谷店の宮城早苗さんに教えてもらった。

ビジネスシーンに適度な遊び心

眼鏡で楽しむ かりゆしウエア


※撮影協力/株式会社 日進商会(MAJUN)



服装に合わせて使い分けを

沖縄の夏のビジネスウエアとして定番化したかりゆしウエア。「眼鏡とのコーディネートを楽しんでほしい」と話すのは、3級色彩コーディネーターの資格を持つ、メガネ1番読谷店の宮城早苗さん。かりゆしウエアと眼鏡を組み合わせる際は、「きちんと感と遊び心のバランスを意識してみて」とアドバイスする。

「理想は、全体的に見てビジネスらしさを残しつつ、かっちりし過ぎない程度」

例えば、かりゆしウエアがシンプルで落ち着いたデザインの場合は、プラスチックフレームの眼鏡で柔らかい雰囲気を演出。反対に、カジュアルなデザインのかりゆしウエアには「シャープなフレームを合わせて大人っぽく見せれば、ビジネスシーンでもふさわしくなる」と語る。

その他にも、かりゆしウエアの色と眼鏡のフレームの色を合わせたりするなど、楽しみ方はいろいろ。

レンズで目の負担軽減

レンズでは、「パソコン、スマートフォンなどのブルーライトや紫外線をカットしてくれる新カラー『スタイルアップレンズ』がおすすめ」と宮城さん。レンズには薄い色が入っており、ピンクは柔らかな雰囲気、グレーはクールなど、「色によって、相手に与える顔の印象を変えられる」と説明する。色はピンク・ブラウン・イエロー・グレーの4色。さらに色を重ねて自分好みのカラーレンズを作ったり、度入りにすることも可能。目の負担を軽減しながら、ファッション性も兼ね備えたレンズだという。

「眼鏡をさらに楽しむなら、その日着る洋服によって使い分けてみては」と提案。また、機能やデザインの異なる眼鏡を、仕事に合わせて変えるのも眼鏡を楽しむ秘けつ。パソコン業務が多い時はブルーライトカットのレンズ、商談がある日は知的な印象を与えるフレームなど、選び方は豊富にある。

            

日々店頭で接客を行う宮城さんは、「お客さまの印象が『明るく・元気に・きれいに見える』眼鏡の提案を心掛けている」という。「お客さま自身では想定していなかったデザインの眼鏡をこちらが提案すると、驚く方もいるが、似合うものを考えて提案している」とにっこり。「洋服を着替えるような感覚で気軽に、眼鏡を楽しんでくれる人が増えるとうれしい」と声を弾ませた。



今回話を聞いたのは 
宮城早苗さん
主任、キャリアグラスアドバイザー



読谷店では種類豊富な眼鏡がディスプレーされている



店舗情報
【メガネ1番 読谷店】
沖縄県読谷村大木460-1(地図
098‐982‐8888
9時30分~20時
※駐車場有り
 


メガネ1番プレゼンツ メガネとレンズのいい関係


『週刊ほーむぷらざ』第1653号 2019年4月4日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1767

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る