目の健康と日焼け予防を両立|メガネ1番|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2018年10月4日更新

目の健康と日焼け予防を両立|メガネ1番

[メガネ1番プレゼンツ]メガネとレンズのいい関係<9>
メガネ1番がさまざまな眼鏡やレンズをシリーズで紹介。今回は紫外線とブルーライトの透過を軽減しながら、おしゃれや美容も意識できる「コスメレンズ」を取り上げる。

紫外線とブルーライトを軽減

目の健康と日焼け予防を両立


レンズの特性を説明する座間味さん。来店者にはスマートフォンを使う時間や、まぶしさをどのくらい感じるかなど具体的に話を聞いて、ライフスタイルに合う眼鏡を提案する


美肌守るコスメレンズ

「紫外線やパソコンから発生するブルーライトなど、私たちの周りには光が溢れている」と話すのはメガネ1番サンエー西原シティ店店長の座間味勇気さん。これらの光は眼病やドライアイなど目のトラブルにつながる可能性があるとの研究結果が発表されており、「目への刺激や負担の軽減が必要。コスメレンズなら紫外線から目だけでなく、美肌も守れる」と紹介。
座間味さんが特に勧めるのは、レンズメーカーHOYAの「レイガード435」。紫外線をカットし、強い波長のブルーライトの透過を軽減できるのが特長。「ブルーライトはテレビなどからも目に入る。パソコンを使う・使わないに関係なく、日常的なケアが大切」と座間味さん。

また、紫外線の影響は肌にも。最新の研究では、目から吸収された紫外線が脳に伝わって体内にメラニンが生成され、肌の日焼けにつながるという結果もある。座間味さんは「目を守ることで日焼け予防にも効果が期待できる。紫外線カットのコスメレンズは目の周りのシミやそばかすの予防としても活用してほしい」とアピール。

さらに、レンズには薄いピンクやブラウンなどの色が付いており、「掛けるだけで優しい印象や、いきいきとした印象など、雰囲気を変えられる」とも。さまざまなフレームに合わせることも可能で、おしゃれアイテムとしても活躍する。度入りにすることはもちろん、普段コンタクトレンズを使用している人には、パソコン用眼鏡としての使い分けを提案することもあるという。レンズの素材自体に色が付いているので、フィルムを張ったタイプと比べて劣化しづらいのもポイント。

他にも、メガネ1番で販売するコスメレンズには、レンズメーカーのアサヒオプチカルが製造する「UV3G」がある。無色透明のレンズで、紫外線やブルーライトを軽減してくれる。色つきレンズに抵抗のある人や、男性にもぴったりなのだとか。

来店者には日頃スマートフォンを使用する時間や、屋外でのまぶしさを感じる度合いを聞くなど、一人一人に合ったレンズを提案できるように心掛けているといい、「疑問に思ったことは積極的に質問してほしい」とにっこり。「せっかく購入するなら、目の健康を考え、おしゃれのポイントにもなるこだわりの1本を選んで」と呼びかけた。


眼鏡で「健康+美肌」を実現

目元のシミ・そばかす対策におすすめの「UV3G」は無色透明レンズ



「レイガード435」のカラーサンプル。全部で4色あり、肌色や与えたい印象で選ぶ



豊富な種類の眼鏡が展示されている店内。眼鏡やコンタクトのケア用品も販売する


店舗情報
【メガネ1番 サンエー西原シティ店】
西原町嘉手苅130 サンエー西原シティ店内1階(地図
098‐882‐9199 
9時~22時 
※駐車場有り


メガネ1番プレゼンツ メガネとレンズのいい関係


『週刊ほーむぷらざ』第1618号 2018年7月26日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1648

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る