紫外線抑え スポーツ快適に|メガネ1番|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

企業紹介

2017年10月12日更新

紫外線抑え スポーツ快適に|メガネ1番

[メガネ1番プレゼンツ]メガネとレンズのいい関係<3>
創業30周年を迎えた(株)メガネ一番。「メガネとレンズのいい関係」と題してさまざまなレンズの特徴をシリーズで紹介してもらう。第3回は、「スポーツサングラス」。まぶしさを軽減し、ファッションの一部としても活躍するサングラスだ。

スポーツ以外でも重宝「スポーツサングラス」

おしゃれアイテムとしても活躍


サングラスの特徴や選び方のポイントをアドバイスする石川店長。自身のサングラスを使用した感想も交えながら、お客の生活スタイルや好みをよく聞いて商品を提案する


紫外線抑え スポーツ快適に

朝夕の風が少し冷たくなり、スポーツを楽しむのに適した季節を迎えた。この時季にメガネ1番が紹介するのは「スポーツサングラス」だ。「度付きのスポーツサングラスもあるので、視力が弱くて諦めていた人には特におすすめしたい」と話すのは、キャリアグラスアドバイザーでメガネ1番愛知店の石川貢店長。まぶしい日差しの中でも視界を良好に保ち、快適にスポーツを楽しめる点が最大のポイントだ。

まぶしさの軽減と同時に紫外線もカットできるので、目に入る紫外線の量を減らし、さまざまな目のトラブルを予防する効果も期待できる。

特に注目したいのはその機能性やデザイン。フィット感や素材が一般的なサングラスとは異なり、軽量型のタイプや弾力性のある樹脂を使用した掛け心地の良いサングラスは動きやすく、スポーツ中のパフォーマンス向上の助けにもなる。

全体的なデザインでは、フレームとレンズにカーブがかかっているところが特徴で、顔をしっかりと覆い、光や紫外線が入る隙間を狭くすることができる。

スポーツの種類によって適するものはさまざまだが、光の乱反射をカットする効果の高い偏光レンズや光の量を調節できる調光レンズを使用することも可能。また、スポーツサングラス専用のゆがみが少ないレンズもある。カーブの度合いが違うレンズも豊富にあるので、さまざまなフレームに対応することができる。「ただ見えやすいだけではなく、掛け心地も含めて自分に合うサングラスを掛けることが大切」と石川店長。自分に合った商品を購入するためには、実際に店頭で掛け心地を確認することが重要だと言う。



実際に掛け心地を確認できるよう、さまざまなタイプのサングラスを展示している


おしゃれなデザインが豊富にあるのも魅力で、洗濯や散歩、通勤時などスポーツ以外の日常生活の中でも使用できる。女性におすすめな、明るめのレンズの色が特徴のキャリアカラーレンズは、紫やピンクなどの色があり、ファッションの一部としても取り入れやすい。

フレームの調節やレンズを一人一人に合わせて作るため、商品が手元に届くまでに10日前後を要し、カーブのかかったレンズは慣れるまでに少し時間がかかる。「12月に開催されるNAHAマラソンにもスポーツサングラスは重宝します。早めに来店して納得いくオリジナルのサングラスを作ってみては」と石川店長は提案した。


 

カーブフレームの種類


スポーツサングラスの特徴でもある、カーブフレームとレンズ。カーブの度合いも数種類ある。度付きにする場合は、HOYAの専用レンズだと、ゆがみを最小限に抑えられる。遠近両用レンズにすることも可能。
 

明るめの色も豊富に


スポーツ用サングラスに使うことはもちろん、散歩などの日常生活でも利用したい人におすすめのキャリアカラー。明るめの色が豊富にあり、ファッションのポイントにも。秋冬の季節でも油断できない紫外線のカットに役立つ。
 


目とメガネのひとことMEMO!

目からの紫外線で肌が焼ける?

目から入る紫外線でも肌は焼けてしまうという研究結果がある。目の神経に紫外線が当たると、脳が「肌を守るぞ!」と判断し、それによってメラニン色素をつくる働きがあるからなのだとか。
サングラスや帽子、日傘などを組み合わせて目から入る紫外線を少なくすることが日焼けの予防にもつながりそうだ。

 


メガネ1番プレゼンツ メガネとレンズのいい関係


『週刊ほーむぷらざ』第1578号 2017年10月12日掲載

企業紹介

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1601

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る