[番外編]夏にお勧めの冷酒「キリッと華やかな吟醸酒」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

専門店

2017年8月17日更新

[番外編]夏にお勧めの冷酒「キリッと華やかな吟醸酒」

【fun okinawa・気軽にワインvol.05】
ワイン専門店「コート・ドール」ソムリエの小湾喜智さんがワインについてお話しします。


 

キリッと華やかな吟醸酒

夏にお勧めの冷酒

日本酒はワインと同じ醸造酒で、酵母の活動により米をアルコール発酵させてつくるお酒のことです。始まりは稲作が日本に伝わった弥生時代と推測。お酒を飲むと気分が高揚し通常とは異なる精神状態になるため、太古の時代は神様とコミュニケーションをとる媒体として神事と結びつき、朝廷で酒造りが行われるようになりました。

平安時代には寺院や神社で、鎌倉・室町時代には民間でも本格的に酒造りが行われ、江戸時代には産業として盛んに。日本酒造りのさまざまな技術がこの時代に確立し、現代へとつながっています。

中でも今回ご紹介したい手法が「吟醸造り」。日本酒造りでは雑味のもととなるタンパク質や脂質を減らす「精米」という工程があり、吟醸酒は米粒の外側を40%削ることが義務付けられています。そして低温発酵することで、良い香りの元となる成分を引き出します。

日本酒は「雪冷え」と言われる5度前後から、「飛切燗」の55度前後まで楽しめますが、夏は冷やした方がおいしく感じられるもの。実はこの「吟醸造り」は「冷酒」に適した酒質で、適度に冷やすことで淡麗な味わいが際立ち、フルーティーで清涼感ある香りを存分に楽しめます。

発泡性の「スパークリングタイプ」の日本酒もオススメ。爽やかな泡立ちが飲み心地をスッキリさせてくれます。

 

今月のオススメ!



「獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き50 発泡にごり酒スパークリング」
辛口/山口県/2000円/「酔うためでなく味わう酒を求めて」を信念に酒造りを行い、世界的ブランドとなった銘酒のスパークリング。江戸前天ぷらや和食と



「獺祭 純米大吟醸 磨き2割3分」
辛口/山口県/4961円/銘酒「獺祭」を一躍有名にした銘柄。極限まで磨いた山田錦を使い、最高の純米大吟醸に挑戦。華やかな吟醸香とキレのある端麗な味わいが魅力。ポン酢で食す白身魚の薄造り、和食全般


INFORMATION
暑い夏にぴったりなスッキリとした白ワイン品種「リースリング」フェアを開催中。お中元におススメのワインギフトも用意


<1月のオススメ!日本酒>
「ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェーズヴィオ・ビアンコ」、「パイパー・エイドシックエッセンシエル・キュヴェブリュット」

<12月のオススメ!ワイン>
「ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェーズヴィオ・ビアンコ」、「パイパー・エイドシックエッセンシエル・キュヴェブリュット」

<11月のオススメ!ワイン>
「勝沼ブラン」、「穂坂マスカット・ベーリーA樽熟成」

<10月のオススメ!ワイン>
「アルダレス・アイレン」、「モルゴン サン・スフル/マルセル・ラピエール」

<9月のオススメ!ワイン>
「キュヴェ・ギョタク/ドメーヌ・ミットナット・フレール」、「ステーキ・ハウス/ハウス・ワイン・ワイナリー」

<8月のオススメ!日本酒>
「獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き50 発泡にごり酒スパークリング」、「獺祭 純米大吟醸 磨き2割3分」

<7月のオススメ!ワイン>
「ガタオヴィーニョ・ヴェルデ」、「コンチェルトランブルスコ・レッジアーノ・セッコ」

<6月のオススメ!ワイン>
「甲州ドライ」、「ダイヤモンド・コレクションクラレット」

<5月のオススメ!ワイン>
「ソアーヴェ・クラッシコ」、「ジュヴレ・シャンベルタン」

<4月のオススメ!ワイン>
「パランガ・ホワイト」、「シャトー・ミュザール レッド」



[文]小湾 喜智
ワイン専門店「コート・ドール」ソムリエ

ワイン専門店「コート・ドール」
http://cotedor-okinawa.net/
おもろまち店 098-869-2047
沖映通り店 098-862-2522
松山店 098-943-7248
小禄店 098-996-4207

『週刊ほーむぷらざ』気軽にワイン<5>
第1570号 2017年8月17日掲載

専門店

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1554

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る