カジキマグロのカレーソテー|おきなわ弁当 時々薬膳|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

栄野川里奈子

2017年6月5日更新

カジキマグロのカレーソテー|おきなわ弁当 時々薬膳

【毎日のおいしいと薬膳のはなしをすこし vol.06】

梅雨真っ只中。じめじめして、体にも水分がたまりがちな季節。
水分に弱い脾(胃腸)にも負担がかかるとされています。
この時期は、余分な水分を取り除くことを意識したいもの。薬膳では、キュウリや冬瓜、とうもろこし、ナス、春雨、あさり、豚レバー、紅茶、コーヒーなどがおすすめです。
お弁当に入っている玄米も、余分な水分を取り除き、むくみや下痢など、余分な水分の停滞による症状に効果がある食材。黒ゴマは、胃腸のほかに、肺、肝、腎など五臓の衰えにきくスーパーフードです。ただし、玄米は消化が良くないので、よくかむことが大事です!


<今日のお弁当>

おきなわ弁当 時々薬膳|ロゴ
 

  • メカジキのソテー(カレー味)
    塩コショウしたメカジキに、小麦粉とカレー粉を混ぜたものをまぶし、油を敷いたフライパンで焼く。
  • 卵焼き
  • ピーマンと赤ピーマンの炒め物
    乱切りにしたピーマンを、ごま油で炒めて塩コショウで味付け。


ここがポイント!|funokinawa
カレー粉をまぶしたソテーは、色んな魚に使えて便利。臭みがなくなり、食べやすくなります。


<リナコのおきなわ弁当 時々薬膳>
vol.05 カジキマグロのカレーソテー
vol.04 モリモリ島野菜
vol.03 カジキマグロの味噌漬け焼き
vol.02 ジャガイモとブロッコリーのハーブソルト炒め
vol.01 セロリの葉のふりかけ

栄野川里奈子

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る