セロリの葉のふりかけ|おきなわ弁当 時々薬膳|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

COLUMN

栄野川里奈子

2017年3月15日更新

セロリの葉のふりかけ|おきなわ弁当 時々薬膳

【毎日のおいしいと薬膳のはなしをすこし】今日から時々、お弁当をアップすることにしました。薬膳の豆知識も紹介していきたいと思っています。

セロリの葉のふりかけ弁当|funokinawa

今日のお弁当は、豚肉のしょうゆとみりん焼き。マヨネーズ入り炒り卵。(たぶん)インゲンを焼いたもの。ご飯の上に、セロリの葉のふりかけ。
セロリの葉のふりかけは、フライパンにゴマ油を敷いて炒めて、みりんとしょうゆを入れて煮詰め、黒ごまとオキアミを混ぜたもの。かつお節を入れることもあります。セロリの葉の香りが良くて、お気に入り。
中医学的に、春は五臓の一つ「肝」の働きが盛んになって気が高ぶり、めまいや耳鳴り、イライラがおきやすい時期。セロリは、肝の働きを穏やかにし、余分な熱を取る春にオススメの食材です。


おきなわ弁当 時々薬膳|funokinawa


リナコのおきなわ弁当 時々薬膳|ココがポイント!

『ふりかけは、水気が出ないようにしっかりめ炒めよう(^o^)』
 

<リナコのおきなわ弁当 時々薬膳>
vol.05 カジキマグロのカレーソテー
vol.04 モリモリ島野菜
vol.03 カジキマグロの味噌漬け焼き
vol.02 ジャガイモとブロッコリーのハーブソルト炒め
vol.01 セロリの葉のふりかけ

栄野川里奈子

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る