デトックスサラダでむくみを改善|楽ロビ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

わたしらしく

毎日のレシピ

2016年6月2日更新

デトックスサラダでむくみを改善|楽ロビ

「楽ロビ」とは健康食「マクロビオティック」を取り入れやすくした料理法。
楽ロビokinawa 代表の大城佐和子さんがわかりやすく教えてくれる♪


 

むくみにハトムギ

蒸し暑くジメジメした日が続いている。湿気が多いと、体にも影響がある。消化の機能が弱くなり、水分の代謝が低下し、むくみやすくなる。 そんな時、胃腸の働きを整え、余分な水分を排出してくれるハトムギがおすすめだ。東洋医学ではヨクイニンとも呼ばれ、生薬としても利用されている優れもので、美肌効果も高い。
穀物や豆類を気軽に食べるには、多めに炊いて冷凍保存しておくのがよい。
ハトムギはよく洗い、3時間以上浸水させ、たっぷりのお水で軟らかくなるまでコトコト炊く。炊飯器で炊く場合は30分浸水後、玄米モードで炊飯する。圧力鍋の場合、20~25分加圧する。ゆで汁にも大事なエキスが出ているので、スープに入れるなど活用してほしい。小分けにして冷凍しておけば、スープやサラダ、ハンバーグなどいろいろな料理に使うことができる。今回のサラダは赤黄緑白黒の5色を使ったサラダ。酸味が効いて爽やかだ。
ただし、ハトムギは子宮を収縮させる場合があるので、妊娠中は食べない方がよいようだ。その代わりに、小豆がむくみの解消に役立つ。夏至に向かうこの時期、熱中症対策に、良質の水とナトリウム、カリウムを取ることも心掛けよう。

 

[レシピ]デトックスサラダ

材料
ヒヨコ豆 100g(炊いたもの)
ハトムギ 50g(炊いたもの)
キュウリ 1/2本
パプリカ赤・黄 適量
ひじき 5g
 
ドレッシング
白ワインビネガー 大さじ1
豆の煮汁 大さじ1
小さじ1/3
粒マスタード 大さじ1/2
こしょう 少々
亜麻仁油 大さじ1
ポン酢 大さじ1
 
作り方
1. キュウリは1cm角に切り、塩もみをする。パプリカは1cm角に切る。ひじきは、水で戻す。
2. ドレッシングの材料を混ぜておく。①とハトムギ、ヒヨコ豆の上に、ドレッシングをかければ出来上がり。


☆過去の「楽ロビ」☆
はちみつ大根​
簡単焼きナス​
フムス​
水ゼリー
アボカドの甘酒チリソース
デトックスサラダ​
 



[執筆者]
楽ロビokinawa 代表
大城佐和子さん(おおしろ・さわこ)
1980年那覇市出身。「楽ロビokinawa」代表。和合医療学会認定フードマイスター。楽ロビ講師。料理講座を通して安心・安全な食、体が喜ぶ食卓作りを提案する。子どもの味覚を育てる活動にも力を入れる。一女四男の母親。

「楽ロビ料理教室」開催中。
詳しくは楽ロビ沖縄のフェイスブック
TEL:090-1942-0408

「楽ロビ」とは健康食「マクロビオティック」を取り入れやすくした料理法


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から
編 集/栄野川里奈子
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ「第1507号2016年6月2日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1405

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る