ゴーヤーのツナ炒め|おきなわ弁当 時々薬膳|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

COLUMN

栄野川里奈子

2017年9月5日更新

ゴーヤーのツナ炒め|おきなわ弁当 時々薬膳

【毎日のおいしいと薬膳のはなしをすこし vol.07】

沖縄の夏はまだまだ続きます。こんな時は、食で体の熱をさますべし。
頼りになるのが、沖縄の代表的な夏野菜ゴーヤー。わが家でも、週に2~3回は食卓に上ります。飽きないから不思議。薬膳では、ゴーヤーは、暑さを取り除くほか、解毒、目の疲れにもいいとされています。ほかにも、冬瓜やキュウリ、ナス、ヘチマなどは体の熱を冷ます作用があるとされています。やっぱり旬のものは、理にかなっているんですよね~。
とはいえ、冷房やアイスなどで体を冷やしがちな現代。体を冷やし過ぎないよう、加熱調理したり、ショウガやニンニクなど、体を温める食材と組み合わせてバランスを取ることを心がけています。夏に体を冷やしすぎると、冬の冷え性につながってしまうので気をつけましょう。


<今日のお弁当>
ゴーヤーのツナ炒め|おきなわ弁当 時々薬膳

  • ゴーヤーとツナの甘辛炒め
    ツナ缶を油ごとフライパンに入れて加熱し、ゴーヤーを加える。火が通ったら、砂糖としょうゆを加えて少し煮詰める。
  • つくねのシソ巻き
    ①酒、しょうゆ、片栗粉と鳥ひきにくを粘りが出るまで混ぜ、シソのみじん切りを加える。
    ②丸く成型した①にシソを巻く。
    ③熱して油を敷いたフライパンに②を入れ、砂糖としょうゆを加えて煮詰める。
  • ゆで卵



最初にツナだけを炒めて、臭みを飛ばします。


<リナコのおきなわ弁当 時々薬膳>
vol.06 ゴーヤーのツナ炒め
vol.05 カジキマグロのカレーソテー
vol.04 モリモリ島野菜
vol.03 カジキマグロの味噌漬け焼き
vol.02 ジャガイモとブロッコリーのハーブソルト炒め
vol.01 セロリの葉のふりかけ

栄野川里奈子

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:208

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る