[沖縄]カメラ見て口はしっかり開ける|読んで学ぶ! コミュニケーション③|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

My Style

2021年7月15日更新

[沖縄]カメラ見て口はしっかり開ける|読んで学ぶ! コミュニケーション③

オンラインで相手に好印象を与えるために気を付けるポイントを、専門家のあらかき咲十美さんが伝えます。文・あらかき咲十美(印象美人コンサルタント)

顔を明るく 背景はシンプルに

皆さんはオンラインに慣れてきましたか? 今回は「慣れてきたころに再チェックしたい! オンラインの映り方」について。セミナーの講師やプレゼン、会議などで話す側の人はもちろん、聞く側にも共通して必ずチェックしたいポイントを二つお伝えします。

まず一つ目は「肌が明るく健康的に見えるように映す」ことです。顔周りを明るくするリングライトを近くに置くといいですよ。オンラインでは顔がパッと目の前に映し出されるため、即座に相手の第一印象が決まります。好印象であれば、伝えたいことが聞く側に受け入れてもらいやすくなります。

二つ目は「背景」です。オンラインでは、主に視覚と聴覚から情報を得ているため、話を聞きながらも、視覚から入ってくる情報が気になることがあります。バーチャルの背景もありますが、話す側の背景が、話す内容と全く違う場合は注意が必要。「ビジネスの商談」や「セミナー」の場合、宇宙や海、夜をイメージさせる背景や、高級ホテルのラウンジ、人が映っているカフェだと、聞く側は背景が気になってしまいます。話の内容をしっかり頭に入れてもらうために、聞く側の状況を考慮してシンプルな背景を選ぶのがおすすめです。

第一印象で「仕事ができそうなイメージ」を相手に与えることは、その後のコミュニケーションを円滑にするため、ビジネスでは重要。そのために表情の映し方と背景選びは気を付けたいポイントです。併せて、服装と第一声の話し方も意識するとより良い印象を与えられます。

オンラインの動画を録画し、後で見直すこともいい振り返りになります。やりとりを録画をする場合は、事前に相手に録画する目的をきちんと伝え、確認することを忘れずに。





執筆者
あらかき・さとみ/印象とコミュニケーションの専門家。理論と実践で、「気付きを学びに変える力」「聴く・伝える力」を育てるトレーニングやコーチングを行う。県内の企業で人材育成研修の講師も務める。


「笑顔の作り方」動画で公開中!
印象美人コンサルタントあらかき咲十美


■問い合わせ/090・9789・7899

「読んで学ぶ! コミュニケーション」のバックナンバーはこちらから
 
『週刊ほ〜むぷらざ』
第1771号 2021年7月15日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2542

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る