クーリジシ|だしのうま味をきかせ、あっさりと。|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年10月26日更新

クーリジシ|だしのうま味をきかせ、あっさりと。|沖縄のごちそうレシピ

素材の味を生かし、滋味に富んだ料理を紹介します。クーリジシは豚肉と野菜を卵でとじた実だくさんの汁物。旧盆の昼に仏前に供えられていたものです。
講師:松本嘉代子(松本料理学院 学院長)



だしのうま味をきかせ、あっさりと。

クーリジシ

材料 調理時間15分

豚だし、かつおだし 5カップ
豚三枚肉(もしくは肩ロース)(ゆで) 150g
シイタケ 2~3枚
トウガン(正味) 200g
コンニャク 100g
カマボコ 100g
小さじ1+1/2
しょうゆ 小さじ1
2個



作り方

1. ゆでた豚三枚肉(または肩ロース)は4cm長さの短冊に切る。
2.
シイタケは水に戻して石づきを取り、4cm長さの薄切りにする。
3.
コンニャクも薄く短冊に切り、水からゆでてひと煮立ちさせ、ザルに取る。
4.

トウガンやカマボコも③と同様に薄く短冊に切る。
5. 鍋に分量の豚だし、かつおだしを入れて煮立て、①の豚三枚肉、②のシイタケ、④のトウガンを加えて再び煮立てる。※豚だしの濃度によって、かつおだしの量を調整し、全体で5カップになるようにする。
6. ⑤のトウガンが煮えたら③のコンニャク、④のカマボコ、塩、しょうゆを加える。
7.
沸騰している⑥に卵を溶き入れ、全体に混ぜて仕上げる。



素材生かして滋味に富む



琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/柳田敏孝
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1580号 2017年10月26日掲載
[レシピ・
クーリジシ・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る