もみじ豆腐のくずあん|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年10月12日更新

もみじ豆腐のくずあん|沖縄のごちそうレシピ

おいしいものが増える秋。ギンナンの入った「もみじ豆腐のくずあん」、秋の食材を使った和食を紹介します。
講師:松本嘉代子(松本料理学院 学院長)

もみじ豆腐のくずあん|琉球料理

ふわふわの豆腐をくずあんでいただく

もみじ豆腐のくずあん

材料(5人分)調理時間13分

木綿豆腐 1/2丁
ナガイモ 100g
エビ(小) 5個
ギンナン(缶詰でもよい) 5個
だし 2カップ
砂糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
みりん 小さじ2
吉野くず 大さじ1
大さじ2
紅ショウガ(みじん切り) 大さじ1


作り方

1.
木綿豆腐は軽く熱湯を通して布巾に包んで絞る。
2.
ナガイモは皮をむいて酢水につけたあと、すりおろす。
3.
エビは頭と背わたを取って酒と塩をふり、しばらくおいてサッとゆで、縦に薄切りにする。
4. ギンナンは包丁の背で軽くたたいて割り、熱湯に塩少々を入れて穴じゃくしで転がしながらゆで、甘皮をむく。
5.
すり鉢に1の豆腐と2のナガイモを入れてよくすり合わせ、エビ、ギンナンを加えて混ぜ、5等分する。
6. 碗(わん)に5を一人分ずつ入れて湯気のたった蒸し器に入れ、弱火で8分ほど蒸す。
7. 鍋にBのだしと調味料を入れて煮立て、水溶き吉野くずを少しずつ溶き入れて濃度をつける。
8. 6の碗に7のくずあんをかけ、みじん切りの紅ショウガを散らす。



旬の食材で秋を味わう



琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1578号 2017年10月12日掲載
[レシピ・もみじ豆腐のくずあん・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:194

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る