トマトジュース入りくずもち|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年4月13日更新

トマトジュース入りくずもち|沖縄のごちそうレシピ

モチモチの食感がたまらないくずもち。いつもの家庭料理が、ちょっとした工夫でグッとおいしくなります。
講師:松本嘉代子(松本料理学院学院長)

トマトジュース入りくずもち|松本料理学院

子どものおやつに喜ばれる アレンジレシピ

トマトジュース入りくずもち

材料(15cm四方の流し缶) 調理時間40分

ザラメ 1・1/2カップ(230g)
 水 1/2カップ
芋くず 1カップ(140g)
 水 1カップ
トマトジュース 2カップ
 塩 少々
レモン汁 大さじ2
きな粉 適量

作り方

1. きな粉は茶こしに入れ、流し缶に均等に振り入れる。
2. ザラメと水を鍋に入れて煮溶かす。
3. 芋くずは分量の水で溶かしておく。
4. ②の砂糖液の中に③の芋くず、トマトジュース、塩を入れて中火にかけ、焦がさないように木じゃくしを鍋底に当てて、円を描くように力を入れて練り混ぜる。
※固まりだしたら、すばやく大きくかき混ぜ続ける。くっつきにくいテフロンの鍋が向いている。
5. ④につやと弾力が出てきたら、レモン汁を加えて混ぜる。

※火は強いほうがこしが強くおいしくなる。
6. ①の流し缶にくずもちを移し、その上にきな粉を振ってボウルに氷水を入れて冷やし固める。
7. しっかり固まったら、食べやすい大きさに切りながら一つ一つにきな粉をまぶす。
※トマトジュースの代用として、オレンジジュース、グレープジュースなどでも楽しめる。
  <完成>



シャキッとチャンプルー
タマナーチャンプルー
アンダンスー


講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|松本料理学院


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1552号 2017年4月13日掲載
[レシピ・トマトジュース入りくずもち・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る