【ビューティー】心も体も健康に沖縄アーユルヴェーダ −78−|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2022年12月1日更新

【ビューティー】心も体も健康に沖縄アーユルヴェーダ −78−

5千年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を知念伽央梨さん(i-PLANA代表)が紹介します。今回は、アーユルヴェーダ的「冬の過ごし方」です。

冷え対策で元気に冬越す

体温める多彩な工夫


沖縄にも冬がやってきました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

私は年末の大掃除に備え、毎日15分程度、断捨離を行っています。家事や仕事、農作業と充実した生活を過ごしていますが、体をよく動かすとそれだけ消化が高まり、程よくおなかがすいて食事をおいしくいただけると実感しているところです。

アーユルヴェーダは「消化力」をとても大事にしており、その働きを保つには運動を行うことが大切だと考えられています。

私の日課の一つ農作業は、体を動かすのでとても良い運動になりますが、首、手足、腰などの疲労が気になります。アーユルヴェーダでは同じ姿勢で長時間いることは硬直、痛み、冷えの原因と考えられていて、そのような症状には温かい性質のオイルを塗ることを勧めていますよ。

アーユルヴェーダのオイルと言えば、ゴマ油です。ゴマ油を鍋に入れ、100度まで熱した後、自然に冷まし、使用する際は人肌程度に温めます。疲労した体に塗り、やや温度を高めにしたシャワーや湯船に漬かって発汗します。神経や筋肉の疲れが緩和され、体がぽかぽか温かく気持ちがいいですよ。寒い冬には最適の生活法です。

バランス良く食事を

アーユルヴェーダでは、冬は消化力が高まり体力が増す季節と言われますので、油脂類や肉類、魚類、お菓子、穀物、豆、ナッツ類、季節の野菜や果物をバランス良くいただくことを勧めています。

このような食べ物をおいしくいただいた後は、やはり運動をお忘れなく。また、首回りや足元に冷たい風が入りこまないように工夫を。服や身の回りで使う物の色は暖色系を薦めています。夜遅くの外出はできるだけ控えて部屋を暖かくして過ごしましょう。心も体も健やかに新しい年を迎えたいですね!

豆、ナッツ類、野菜や魚介のカレー。スパイスを利かせることで消化力も高まる



インフォメーション

◆ペアーレ沖縄タピック「アーユルヴェーダカルチャースクール」
★アーユルヴェーダで楽しくセルフケア

日時/2023年1月14日・21日・28日(各土曜日)13時30分~15時
受講料/4500円(全3回)
材料費/3000円

《ご予約・お問い合わせ》
ペアーレ沖縄タピック  電話098・934・6111


◆頭皮と頭髪を健やかに!「ヘナサポーター養成講座」
時間/10時~16時
受講料/8000円(修了書別途2000円、
テキスト・アーユルヴェーダランチ付き)

詳細は、下記のi-PLANAへお問い合わせを


施術や商品の問い合わせは
i-PLANA(アイプラーナ)
090-1946-9030
電話受付時間 9時〜20時

オンラインショップ▼
http://iplana.shop-pro.jp/




株式会社 i-PLANA
代表 知念伽央梨
・米国補完医療大学AUCM、グジャラートアーユルヴェーダ提携 Ayur Vedic Medicine Practitioner
・日本アーユルヴェーダヘルスカウンセラー


i-PLANA(アイプラーナ)
ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート2F
恩納村冨着1550-1
電話098(964)1808

アイプラーナ北中城店
北中城村美崎111-4
電話090(1946)9030

メール/iplana.ayurveda@gmail.com

心も体も健康に 沖縄アーユルヴェーダ


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1842号 2022年12月1日紙面から掲載」

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4161

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る