なすと豆腐のどんぶり|栄養たっぷり 夏バテ防ぐ|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2018年6月28日更新

なすと豆腐のどんぶり|栄養たっぷり 夏バテ防ぐ|沖縄のごちそうレシピ

今回紹介するどんぶりは、肉・野菜・キノコ類など多くの具材が入ったバランスの良い一品です。
講師:松本嘉代子(松本料理学院 学院長)

なすと豆腐のどんぶり|レシピ

アツアツを食べるのがおいしい! 食べごたえ抜群

なすと豆腐のどんぶり

材料(5人分)調理目安時間 30分

ナス 600g
揚げ油 適量
豆腐(絹ごし) 2丁
サラダ油 大さじ1
ニンニク(みじん切り) 小さじ2
ショウガ(みじん切り) 小さじ1
長ネギ(みじん切り) 1/2本
豚ひき肉 200g~250g
生シイタケ 5枚
シメジ 1パック
トマト(中) 1個
紹興酒 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
豆板醤 小さじ2
砂糖 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
白みそ 大さじ4
スープ 1カップ
片栗粉 大さじ1・1/2
大さじ3
ごま油 少々
ご飯 5人分

作り方

1.
ナスは洗って所々皮をむき、縦4等分にして5センチの長さに切って油通しをする=写真①。
★油に通すことでえぐみが取れてまろやかな味わいになる。
2.
生シイタケは薄切りにする。シメジは石づきを取って小房に分けておく。
3.
トマトは湯むきして種を除き、適宜に切る。
4.
豆腐を適宜に切る。
5. 中華鍋にサラダ油を熱し、赤色の材料の具材を炒めて香りを出す。
6.
⑤に緑色の材料の豚ひき肉を入れて手早くほぐし、②の生シイタケ、シメジ、③のトマトを加えて炒める=写真②。
7.
⑥が煮立ってきたら、先に混ぜておいた橙色の材料の調味料を加え=写真③=、①のナス、④の豆腐を入れて味をなじませる。
8. ⑦に水溶き片栗粉を数回に分けて入れ、程よくとろみをつけ、香り付けにごま油を落とす。
9. 丼にご飯を軽く盛り付け、⑧のナスや具材をかけてできあがり。



<おいしそうなレシピがいっぱい!>栄養たっぷり 夏バテ防ぐ



料理クラスの受講生を募集中。詳細は下記まで問い合わせを!

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1614号 レシピ・なすと豆腐のどんぶり]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1767

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る