皮目焼き[パリパリの皮が香ばしい]|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年8月31日更新

皮目焼き[パリパリの皮が香ばしい]|ごちそうレシピ

サーモンとホタテの風味豊かな「パイ包み焼き」、パリパリの皮が香ばしい「皮目焼き」、半分レアで絶妙な火加減の「片面焼き」。それぞれに味わいや印象の異なるサーモン料理3品を紹介します。
講師:小林光栄(松本料理学院講師、ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ)


 

パリパリの皮が香ばしい

皮目焼き

材料(4人分) 調理時間30分

サーモン 70g×4
ミニトマト 6個
塩・こしょう 適宜
小麦粉、粉チーズ 適宜
付け合わせの野菜、好みでバルサミコソースやハーブオイル
 

作り方

1. サーモンに塩・こしょうをし、皮全体に粉チーズと小麦粉を混ぜたものをまぶす。
2. 弱火で皮側からじっくり焼く。焦げないよう、時折火から鍋を外して様子を見ながら焼く。
3.
ある程度火が通ったら側面も焼く。
4. 皮と身を切り分け、ミニトマトを添える。好みでバルサミコソースやハーブオイルをかける。
  ※バルサミコソースは、バルサミコを煮詰めて塩で味を調える。


味も印象も変化 サーモン尽くし



講師
小林光栄(松本料理学院講師)
ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ

 

琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1572号 2017年8月31日掲載
[レシピ・片目焼き・フランス料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:196

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る