パイ包み焼き[柔らかいサーモンの食感とサクサクのパイの相性抜群]|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年8月31日更新

パイ包み焼き[柔らかいサーモンの食感とサクサクのパイの相性抜群]|ごちそうレシピ

サーモンとホタテの風味豊かな「パイ包み焼き」、パリパリの皮が香ばしい「皮目焼き」、半分レアで絶妙な火加減の「片面焼き」。それぞれに味わいや印象の異なるサーモン料理3品を紹介します。
講師:小林光栄(松本料理学院講師、ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ)


 

柔らかいサーモンの食感とサクサクのパイの相性抜群

パイ包み焼き

材料(4人分)調理時間60分

サーモン 40g×4枚
ホタテ貝 4個
 ズッキーニ 1/4本
 ナス 1/4本
 トマト(小) 2個
 オリーブオイル 適宜
 エルブドプロヴァンス(ミックスハーブ) 適宜
 塩・こしょう 適宜
冷凍パイシート 4枚
卵黄 1個
[クリームソース]  
バター 20g
タマネギ 20g
長ネギの白い部分 20g
白いキノコ(白シメジ、マッシュルーム、エノキなど) 1/2パック
白ワイン 100ml
生クリーム(動物性) 100ml
白身魚のだし汁 100ml
※焼き野菜
 

作り方

※【サーモンをマリネする】

サーモン一さくに塩8gと砂糖4gをまぶして冷蔵庫で4時間置き=写真①、5分冷水につけて塩抜きをし、4枚に切り分ける。
1. ホタテ貝は二つにカットし、塩・こしょうをする。
2.
ズッキーニ、ナス、トマトを輪切りし、塩・こしょうを振りグリルかトースターで焼く=写真②。
3.
パイシートにサーモン、②の焼き野菜、ホタテ貝をのせて=写真上、シートをかぶせる。フォークで両端をおさえて、丸い型で半月状に型抜きをする=写真下。卵黄を塗り、冷蔵庫で冷やしておく。

※生地が温まるとうまく膨らまず、味も落ちるので、焼く前に冷やす。
4. パイが冷えたら冷蔵庫から出し、オーブンに入れる前にもう一度卵黄を塗り、蒸気を抜くために中央に竹串などで穴を開ける。180度のオーブンで約12分焼く。
【キノコのクリームソース】
1.
鍋にバター、カットしたタマネギ、長ネギ、キノコを入れて、焦げ目が付かないように炒める=写真⑤。白ワインを加え、1/3ほどになるまで煮詰める。
2.
だし汁、生クリームを加えて煮込む=写真⑥。
3. ミキサーにかけて、こす。


味も印象も変化 サーモン尽くし

 

ランチ券プレゼント

「ラ・メゾン・クレール1853」のランチにペア1組をご招待! アンケートへお答えいただき、ご応募ください。(2017年9月6日(水)必着)。
https://fun.okinawatimes.co.jp/present/detail/317

 

料理講習会&試食会
2017年9月16日に、ラ・メゾン・クレール1853は料理講習会と試食会を開く。
■日時/ 9月16日(土)12時~
■場所/ ラ・メゾン・クレール1853(那覇市久米2-15-17)
■料金/ 4800円
■申し込み・問い合せ 098-963-6565



講師
小林光栄(松本料理学院講師)
ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ

 

琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1572号 2017年8月31日掲載
[レシピ・パイ包み焼き・フランス料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:188

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る