野菜と魚介の春彩るフレンチ「活魚と蛤、島ネギのワイン蒸し」|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年3月30日更新

野菜と魚介の春彩るフレンチ「活魚と蛤、島ネギのワイン蒸し」|ごちそうレシピ

旬の野菜と魚介をたっぷり使った、フレンチ2品を紹介します。彩り豊かなメインディッシュは、春の食卓を華やかに演出します。特別な日や、おもてなしにいかがですか。
講師:小林光栄(松本料理学院講師)
ラ・メゾン・クレール1853 オーナーシェフ
098-963-6565

活魚と蛤、島ネギのワイン蒸し|ごちそうレシピ

ふんわり香るネギソースが魚介のうま味を引き立てる

活魚と蛤、島ネギのワイン蒸し

材料(4人分) 調理時間40分

活魚(ビタロー、イシミーバイ、クチナシなど) 400g
ハマグリ 4個
島ネギ 4本
マッシュルーム 4個
茎ブロッコリー 適宜
白ワイン 100ml
オリーブオイル 適宜
塩、こしょう 適宜
 

作り方

1.
魚はうろこ、内臓を取り、水洗いし、3枚におろし50gにカットしておく。皮目に浅く切れ目を入れる(写真①)。

島ネギの青い部分は小口切りにし、ほかの野菜は食べやすい大きさにカットする。
2.
魚全体に塩、こしょうを振り、オリーブオイルを薄く塗った手鍋に並べ、ハマグリ、カットした島ネギの白い部分、マッシュルームを入れて、白ワインを加え、ふたをして約3分蒸し上げ(写真②)、魚、ハマグリ、島ネギ、マッシュルームを取り出しておく。
3.

ソースを作る。煮汁に島ネギの青い部分を加え、しばらく煮立てる。くったりとしたら火を止め、ミキサーにかけて(写真④)、こす。
※水分が少ない時は、だし汁やブイヨンを足す。コクが足りない時は、バターやオリーブオイルを加える。
4. ソースを塩こしょうで調味し、皿の中央に流す。
5. ④のソースの中央に魚、ハマグリ、マッシュルーム、茎ブロッコリーを盛り付ける。
  <完成>



野菜と魚介の春彩るフレンチ[レシピ]
白イカのあぶり焼き 島野菜添え


ごちそうレシピ|ファンオキナワ


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1550号 2017年3月30日掲載
[レシピ・活魚と蛤、島ネギのワイン蒸し・フレンチ料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る