[メーク術]カラーをプラスし好印象に|美makeup|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2023年3月23日更新

[メーク術]カラーをプラスし好印象に|美makeup

[美makeup]執筆/平良芽依美(資生堂ジャパン(株)沖縄オフィス) 

カラーをプラスし好印象に

春は、環境の変化や出会いが増える季節。おしゃれ&好印象を目指したいですよね。新年度ということで、フレッシュな気持ちでいつもとは違う新しいメークを試したくなる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、トレンドを押さえながら知的な品の良さを演出できる「輝きセンシュアルメーク」をご紹介します。


目元にくすみピンク

程よい血色感と“線”の効果で、パーツを丁寧に仕上げるのがポイント。丁寧に整えられた仕上がりは、品の良さにつながります。

目元は、アイシャドーを下まぶたに幅広めにぼかし、重心を下げて見せることで一気にトレンド顔に。さらに「くすみピンク」で血色を与えながら、アイライナーの“線”やマスカラで程よい締め感を与えます。ポイント的に重ねた輝きアイシャドーでやりすぎ感なくおしゃれな印象に仕上がります。

下まぶたに広めにアイシャドーを入れる際、色が沈んで見えないよう、ベースメークにもひと工夫を。ピンク系の化粧下地を顔全体に塗り広げた後、目周りに重ね付けし、明るさと透明感を高めましょう。目の下の影が気になる方は、肌の色に近いコンシーラー(部分用ファンデーション)で、くまやくすみを明るく仕上げるとよりアイシャドーが映える肌に。ファンデーションは、艶のあるタイプを薄く重ねることで、春らしい軽やかな印象に仕上がります。


口元にローズ

口元でオススメのカラーは「ローズ」。アイシャドーのトーンに合わせた、つや感のあるローズリップで、穏やかさと程よい血色感をプラスすることができます。また、リップの仕上げに後のせする「リップライナー」の“線”の効果で、軽やかさの中にも、きちんと感&品の良さを忍ばせましょう。きちんと感を出したいときは唇全体の輪郭を描くようにし、ナチュラルなメリハリ感を出したいときは上下の口角部分のみを描きましょう=左囲み。リップライナーは使用するリップと同色系のカラーを選ぶと、肌から浮かずに自然な仕上がりになります。

トレンドを取り入れながらも、ナチュラルで品の良さを感じさせるメークで、ひと際輝く「好印象」をゲットしましょう。


 アイメークとリップ 
アイメーク HOW TO

①くすみピンクのアイシャドーを、上下(赤点線の範囲)にふんわりぼかします。下まぶた部分は、中央部分を幅広くぼかすことで目元の重心を下げて見せることができ、ほおの間延び感(面長感)を和らげます。

②ラメ感のあるシルバーアイシャドーを黒目の上下(白点線の範囲)にぼかします。目元に立体感、瞳に輝きをプラスすることができます。

③アイラインはブラウンのリキッドアイライナーでまつげの間を埋めるように描き、ブラックのマスカラで引き締めます。


リップライナー HOW TO

ナチュラルなメリハリ感を出したいときは、リップライナーで上下の口角部分のみを描きます。
 

「週刊ほ~むぷらざメーク」係


『週刊ほ〜むぷらざ』美makeup
第1859号 2023年3月23日掲載 毎月第4週に掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4287

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る