[沖縄・美容形成外科]当山美容形成外科 開院70周年記念 オリジナル化粧品|教えて!ドクター当山〈250〉|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

もっと美しく

ビューティー

2022年7月28日更新

[沖縄・美容形成外科]当山美容形成外科 開院70周年記念 オリジナル化粧品|教えて!ドクター当山〈250〉

当コーナーでおなじみ当山美容形成外科が今年70周年を迎えるのを記念し、オリジナルのオールインワンクリーム「T‐No.70リペアモイスチャライジングクリーム」を発売する。「沖縄の人の肌に合う成分をふんだんに取り入れたクリーム。香りやテクスチャーにもこだわっています」と当山拓也院長。開発の経緯や化粧品の特長を聞いた。

独自で開発 沖縄女性に必要な成分ふんだんに

高保湿&さっぱりのオールインワン


当コーナーでおなじみ当山美容形成外科が今年70周年を迎えるのを記念し、オリジナルのオールインワンクリーム「T‐No.70リペアモイスチャライジングクリーム」を発売する。「沖縄の人の肌に合う成分をふんだんに取り入れたクリーム。香りやテクスチャーにもこだわっています」と当山拓也院長。開発の経緯や化粧品の特長を聞いた。

 当山美容形成外科 開院70周年記念 オリジナル化粧品 



沖縄の過酷な自然環境考慮
お手入れはこれ一つでOK


―オリジナル化粧品を開発した経緯は?

 当山 
沖縄は紫外線が強く湿気が高いのですが、エアコンを多用する夏場は特に、肌が乾燥している女性が多いのも事実。また、直射日光を長年浴びるなど過酷な自然環境にさらされ続けることによって引き起こされる「光老化」が原因のシミ・シワ・たるみも多く見られます。光老化は加齢による老化とは質的に異なるため、光老化に適したケアが必要です。

にもかかわらず、沖縄女性の肌を第一に考えたスキンケア商品は納得のいくものが見つからず、しかも忙しい現代女性にとっては最小限のケアで最大限の効果を引き出せるアイテムであることも重要だと考えていました。そこで、沖縄の人にとって必要な美肌成分を詰め込み、これ一つでお手入れOKなオールインワンクリームを開発しました。

特徴成分は温泉藻、温泉酵母
沖縄由来の成分をプラス


―化粧品の特長を教えてください

 当山 
特徴成分は二つ。一つは温泉に含まれる微生物の一つ「温泉藻」です。特に今回使用した「RG92」は別府温泉に含まれる新種の温泉藻で、お肌の調子を整え、エイジングケア(年齢に応じたケア)に役立つことが期待できます。二つ目は100パーセント天然由来の「温泉酵母」。皮膚のターンオーバーをサポートし、肌を健やかに保つ働きが期待できます。

そこに沖縄由来の月桃の葉、スクワラン、もずくエキス、クロレラ、アロエベラ、オクラなど沖縄の人に必要な有用成分をふんだんに配合。「RG92」をはじめとする温泉微生物の研究・開発に取り組む化粧品製造・販売会社「SARABiO温泉微生物研究所」とのコラボで完成させました。

特にこだわったのは香りやテクスチャー。何度も試作品を作り、最終的に天然成分のシークヮーサーとレモンなどを配合したシトラス系の香りに。保湿力は高いものの、さっぱりとした使い心地に仕上げています。

―どんな方にオススメですか?

 当山 
働き盛りの30~50代の女性を中心に、ご夫婦やご家族で使っていただける男女兼用。7月末から当院でのみ販売を始めます。

祖父の代から沖縄の肌のお悩みに向き合い続けて70年。沖縄の女性の肌を知り尽くした当院がつくり上げたこのオールインワンクリームを、沖縄の皆さまの美肌づくりにぜひお役立てください。


※次回は「沖縄初上陸! クールスカイピングELITE」です。





当山 拓也 氏
当山美容形成外科 院長

東京医科大学卒業後、東京大学医学部形成外科学教室入局。東京警察病院、杏林大学形成外科等で研さんを積む。リッツ美容外科・東京院、東京西徳洲会病院形成外科・美容外科医長、アヴェニュー表参道クリニック副院長をへて、2017年4月に医療法人形成会当山美容形成外科副院長に。2018年、同院院長に就任。

<この記事に関する問い合わせ先>
医療法人形成会 当山美容形成外科
098-867-2093
http://www.touyama.com
Eメール info@touyama.com

当山美容形成外科
<過去記事一覧>


『週刊ほ〜むぷらざ』 教えて!ドクター当山<250>
第1825号 2022年7月28日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:4177

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る