[沖縄]Smileエイジング(5)|大人のための「歯科矯正」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

美しく

2022年8月4日更新

[沖縄]Smileエイジング(5)|大人のための「歯科矯正」

加齢とともに増えるトラブルや病気と上手に付き合い、健康管理しながら、笑顔で年齢を重ねたい方へ。

忙しい人にマウスピース矯正!

加齢とともに増えるトラブルや病気と上手に付き合い、健康管理しながら、笑顔で年齢を重ねたい方へ。最新医学に基づく統合医療、体調を整えるエクササイズやスポーツなどの専門家が堀基子さんと対談。毎回のテーマに合わせた簡単ヘルシーレシピも紹介します。今回も前回に続き、大人のための「歯科矯正」について。


 日本矯正歯科学会認定医  上運天 修 さん (スマイリー矯正歯科)写真左
かみうんてん・おさむ/歯科医師。日本矯正歯科学会認定医。鹿児島大学歯学部卒業。九州歯科大学より博士号を授与。2009年に上運天歯科矯正歯科を開業。2021年に歯科医師である弟の智さんとスマイリー矯正歯科を開業。
×
 食  堀 基子 さん (野菜ソムリエ上級プロ)写真右
ほり・もとこ/野菜ソムリエ上級プロ、J Veganist、アンチエイジング・プランナー、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、アスリートフードマイスター3級ほか。第6回・8回野菜ソムリエアワード銀賞受賞。

 

 大人のための 「歯科矯正」 


 堀  歯の矯正は、まずはかかりつけの歯科医に相談し、専門のドクターを紹介してもらうといいとお聞きしましたが、矯正というのは歯科の中でも特別な分野なのですか?

 上運天  歯科の中には、矯正歯科、小児歯科、口腔(こうくう)外科などの専門分野があり、矯正歯科は一人前になるのに大学卒業後10年かかるといわれています。なぜなら、幼児期に矯正治療を始めると、発育が止まるまで10年から15年は成長に合わせて治療を進める必要があり、こうした症例の経験を積むには長い期間を要するからなのです。

​ 堀  修行に10年!それだけ専門性が高いんですね。ということは、風邪や腹痛ならかかりつけ医に診てもらうけれど、関節が痛ければ整形外科、耳なら耳鼻科という具合に、専門のドクターを受診する感覚に近いかもしれませんね。

 上運天  そして、矯正は最初のカウンセリングがとても重要です。骨格も悩みも一人一人異なる患者さんを的確に診断し、ご希望をかなえるように治療するためには、高い診断力が必要になります。


​ 堀  歯並びは十人十色ですもんね。ちなみに、矯正後はどんな歯並びになるのか、事前に確認することはできますか?

 上運天  検査後の診断時には治療前の現状と、治療後を予測した歯並びを見比べていただけますよ。


​ 堀  それはうれしいかも!矯正後の自分の歯並びを事前に見られたら、とても励みになりますね。ところで、大人になってから歯科矯正を受ける場合、どうしてマウスピースがおすすめなのでしょうか?

 上運天  2カ月に1度の通院で済むのは大きなメリット

 上運天  ワイヤ矯正は2カ月に3回ほど通院の必要があるのですが、マウスピース矯正の場合は自宅で交換を行い、指示通りにちゃんと装着すれば、1~2カ月に1度の通院で済みます。そのうえ矯正にかかる期間がワイヤ矯正の半分ほどですから、忙しい方ほどマウスピース矯正がおすすめです。

​ 堀  なるほど! ところで、矯正治療後は何かメンテナンスが必要になりますか?

 上運天  治療後は歯が元の位置に戻ろうとするので、しばらくは保定用のマウスピースを装着します。最初は食事と歯磨きのときだけ外し、年2回のチェックを受けながら少しずつ装着の時間を減らし、2~3年たって歯が戻らなければ卒業です。

 堀 私もデンタルIQを高めていきたいと思います

​ 堀  歯並びがよくなると、笑顔に自信が持てますし、歯周病にもなりにくいですよね。

 上運天  近年、デンタルIQの高い患者さんが増えています。健康な歯並びを通じて、美しい笑顔をサポートすること、それが私たち矯正歯科医の使命です。


​ 堀  デンタルIQ!歯の健康に対する意識が高いことですね。そして「かかりつけ歯科医での定期健診も大切に!」でしたね(笑)。


スマイリー矯正歯科  電話 098-851-3005 
八重瀬町東風平 1314-5
スマイリー矯正歯科

矯正中でも歯に優しい

 ミキサー不要! 冷たいガスパチョ風スープ 


●材料(1人分)
キュウリ1/4本、玉ネギすりおろし大さじ1、食塩無添加トマトジュース200ml、レモン果汁小さじ2、エゴマ油(オリーブオイルでもOK)小さじ1弱、塩小さじ1/4、こしょう少々、食パン1枚




●作り方
(1)キュウリと玉ネギはそれぞれすりおろす。
(2)トマトジュースに(1)の玉ネギ、レモン果汁、塩、こしょうを加えて、よく混ぜて冷やす。
(3)器に(2)を注ぎ、(1)のキュウリをのせ、エゴマ油またはオリーブオイルを回しかける。食べる際は、よく混ぜ、軽くトーストしたパンをちぎって浸して召し上がれ!

 
「Smileエイジング」記事一覧
『週刊ほ〜むぷらざ』Smileエイジング(5) 
第1826号 2022年8月4日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3149

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る