[沖縄]Smileエイジング(3)|中高年世代に人気の「水中運動」|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

美しく

2022年6月2日更新

[沖縄]Smileエイジング(3)|中高年世代に人気の「水中運動」

加齢とともに増えるトラブルや病気と上手に付き合い、健康管理しながら、笑顔で年齢を重ねたい方へ。

水の浮力と抵抗で無理なく運動

加齢とともに増えるトラブルや病気と上手に付き合い、健康管理しながら、笑顔で年齢を重ねたい方へ。最新医学に基づく統合医療、体調を整えるエクササイズやスポーツなどの専門家が堀基子さんと対談。毎回のテーマに合わせた簡単ヘルシーレシピも紹介します。今回は、泳げなくても無理なく楽しめる、中高年世代に人気の「水中運動」について。
 


 健康運動指導士  大城 高志 さん (スカイウェルネススポーツ)
おおしろ・たかし/健康運動指導士。JCCA認定アドバンストトレーナー。JCCA認定キッズスペシャリスト。趣味は松林流4段の空手とマラソンで、NAHAマラソンとおきなわマラソンは合わせて完走20回以上。
×
 食  堀 基子 さん (野菜ソムリエ上級プロ)(右)
ほり・もとこ/野菜ソムリエ上級プロ、J Veganist、アンチエイジング・プランナー、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、アスリートフードマイスター3級ほか。第6回・8回野菜ソムリエアワード銀賞受賞。

 

 中高年世代に人気の 「水中運動」 


 堀  実は私、水中運動が大好きなんです。水中ウオーキングもアクアビクスも大好きですし、週3回は泳いでいます。プールを利用しているのは、どのような方が多いですか?

 大城  60代から70代の女性を中心に、膝や腰、股関節に痛みがある方も多いですね。

 堀  ああ、よく分かります! 以前、私も膝を痛めたときに、階段や坂道を歩くのさえつらいのに、水中だけはとてもラクで、リハビリを兼ねてプールに通っていた時期があるんですよ。筋トレにもなりますよね。

 大城  運動が苦手な方や肥満の方にもおすすめです

 大城  水中は胸までつかると体重の負荷が10分の1になるので、膝や腰への負担がとても軽くなります。しかも、水中運動では水の重さが抵抗になって、普段は使っていない筋肉の活性化につながります。水中を歩くだけでもバランスを保つために背筋や腹筋を使いますし、体幹のトレーニングにもなりますね。

 堀  確かに! ところで、陸上だと痛くて曲げられない膝が、水中なら曲げても痛くなかった記憶があるのですが、どうしてなんでしょう?

 大城  浮力で関節にかかる負荷が減り、周囲の筋肉もリラックスするので、関節の可動域が広がるんですよ。

 堀  そうなんですね! 他にも水中運動が健康にもたらす効果はありますか?

 大城  水圧が血行を促進するので、むくみの改善や血圧の安定化に有効だといわれています。感情がポジティブになる、ナチュラルキラー細胞が活性化するという論文もありますし、膝などの痛みが和らいでリラックスできますから、心や体のストレス軽減にもいいですね。体温調整機能が刺激されるので免疫力向上も期待できます。

 堀  水中ウオーキングやアクアビクスは、泳げない方でも気軽に楽しめるのも、いいですよね。

 大城  特に水中ウオーキングは自分のペースで無理なくできますから、運動経験のない方や膝痛・腰痛の方にもおすすめです。また、各種トレーニングの後に水中運動でクールダウンするのも効果的です。

 堀  水中運動って万能なんですね!

 大城  いえ、それが、陸上の運動に比べると、どうしても筋肉や骨への刺激は弱いんですよね。特に中高年の女性は、骨の健康のためにも、ある程度、水中運動に慣れたら、陸上での筋トレや有酸素運動を取り入れていく必要があると思います。

 堀  わぁ! 私も筋トレしなくちゃ


 大城  毎日の食生活も大事。制限に意識が行きがちですが、むしろ、しっかり食べる意識が必要ですね。

 堀 タンパク質と抗酸化力の高い野菜・果物が大切

 堀  筋肉を減らさず、増やしていくためには、タンパク質を毎日小まめにとること。また、運動して呼吸回数が増えると、どうしても体内の活性酸素が増えますから、抗酸化作用の高い色の濃い緑黄色野菜やビタミンCが豊富な野菜・果物などをとることも大切ですね。





タンパク質&抗酸化力!

 鶏肉がしっとりツルン! 「水晶鶏のサラダ」 


●材料(1人分)
鶏ささみ2本、酒大さじ1/2、砂糖小さじ1/2、塩ひとつまみ、片栗粉大さじ1/2、トマト1~2個、島ラッキョウ(赤)3~4個(玉ネギでも可)、セロリ(小枝)3~4本、オリーブオイル大さじ1、レモン果汁大さじ1、ハーブソルト小さじ1



●作り方
(1)鶏ささみは斜めに薄くそぎ切りにし、酒と砂糖と塩をもみ込み、片栗粉をまぶし、熱湯でゆで、浮き上がってきたら氷水にとって冷やす。
(2)島ラッキョウとセロリは粗みじん切りにし、オリーブオイル、レモン果汁、ハーブソルトを加えてよく混ぜる。
(3)トマトを輪切りにし、キッチンペーパーで水気を軽くおさえた(1)と交互に皿に並べ、(2)をのせる。


 
「Smileエイジング」記事一覧
『週刊ほ〜むぷらざ』Smileエイジング(3) 
第1817号 2022年6月2日掲載

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:3149

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る