教えて!百名さん|思春期の性教育①|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

わたしらしく

教育

2021年5月5日更新

教えて!百名さん|思春期の性教育①

「思春期」の子どもたちや、その子どもたちに関わる大人から寄せられた「性」に関する質問に、助産師の百名奈保さんが答えます。今回は3〜5歳の子を持つ親からの質問三つを取り上げます。  


 教えて!百名さん 思春期の性教育
3〜5歳編

 大人からの質問 

Q 娘と息子がいます。性器の洗い方をどう教えたらいい?

A 「性器は体の大切なところだから、きれいに洗おうね」と伝える。洗い方は意見が分かれるところ

子どもに「性器(おちんちん、おまた)は体の大切なところだから、きれいに洗おうね」と教えることも性教育の一つになります。

男の子の場合、ペニスの先(亀頭)はオシッコの汚れが残りやすいので、せっけんで優しく洗い、しっかりお湯で流します。洗い方は医師の中でも意見は分かれていて「小さい時から包皮をずらして、むいて洗いましょう」という人と、「新生児はほぼ100%が包茎だけど、ほとんどの子は成長したら自然にむけるので無理にむいて洗わなくても大丈夫」と考え方はそれぞれです。

女の子は、性器の表面を泡だてたせっけんで優しく洗います。ひだになっているところは汚れがたまりやすいので、指の腹などで優しく丁寧に洗い、しっかりすすぎます。膣の中まで指を入れて洗うのは洗い過ぎです。

せっけんがしみて痛いときは、刺激の少ないデリケートゾーン専用のせっけんをドラッグストアなどで購入することができます。


❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

 大人からの質問 

Q 赤ちゃんはどこから  生まれるの?   見せてと言われた

A 「ウソをついたりごまかしたりしない。年齢や理解力に合った言葉で

子どもから、突然「赤ちゃんはどこから生まれるの?」と聞かれたら焦ってしまうかもしれませんが“ウソをつかない”“ごまかさない”というのがポイントです。

その子の年齢や、理解する力に合った言葉で「おなかから」「赤ちゃんのトンネルの出口から」「女の子には三つの穴があるよ、ウンチとオシッコの出る穴との間に赤ちゃんが出る穴があるよ、そこから」と答えるといいですよ。紙に点を三つ書いて、出口の説明をすると分かりやすいかもしれません。

「赤ちゃんの出口、そこを見せて」と言われたら「お母さんの大切なところで人には見せないところ、見せたくないよ」と答えれば大丈夫です。

帝王切開を経験したお母さんであれば、傷跡を指して「ここから」と答えるといいですね。


❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

 大人からの質問 

Q 5歳の娘が性器を触る。どう対応したらいい?

A 何げなく触る子が多い。女の子は外陰炎の場合も

子どもが性器を触っているのを親が目撃したら驚くかもしれませんが、触るのは「かゆい」「触ると何となく安心する、落ち着く」「たいくつだから」「気持ちいい」などの理由からで、大人のマスターベーションとは少し違い、何げなく触ることが多いようです。

男の子だけではなく女の子も触ることがあり、保育士さんから相談を受けることがたびたびあります。

女の子の場合、排尿後に上手に拭けなくてかゆくなることもあるので(外陰炎)、何度も触るようであれば「かゆいの?」と声をかけてみてください。

自分の体はどこを触ってもOKなのですが、性器は人がいるところで触ると「どうしたのかな?」と心配する人もいるので、もし触りたいのであれば「人に見られないところで、清潔な手で清潔な体を触る」というマナーについて話をしてあげるといいですよ。


❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

★百名さんに聞いてみたい、読者の皆さんからの質問を受け付けています。些細な事でも、上手に伝えられなくてもOKです!下記のURL から気軽にお寄せください。
http://mail-to.link/m7/4sv7d8



ひゃくな・なお/那覇市嘱託助産師・保健師として、学校で性教育について講話。子どもたちからの相談も受け付けている。那覇市首里で、「助産院*きらきら」を開業
ひゃくな・なお/那覇市嘱託助産師・保健師として、学校で性教育について講話。子どもたちからの相談も受け付けている。那覇市首里で、「助産院*きらきら」を開業
same-moon@comet.ocn.ne.jp​


「思春期の性教育」2021年4月までの記事はコチラから

毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1761号 2021年5月5日紙面から掲載」

 

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:2481

沖縄の大人女子を応援します。

TOPへ戻る