旬のフグをコースで堪能[味工房陣屋]|那覇市久米|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|スマイリー矯正歯科

きょうのごはん

専門店

2020年1月30日更新

旬のフグをコースで堪能[味工房陣屋]|那覇市久米

きょうは何を食べよう? ちょっと気になるグルメな「お店」をご紹介。
funokinawa・食楽Search(630)

新鮮なトラフグの薄造りと鍋

那覇市久米の「味工房陣屋」は、1985年に開店以来、四季折々の魚、野菜料理を提供している。

今の時季、旬なのがフグ。同店では、本場山口県下関からフグの中でも最高級と言われるトラフグを毎日空輸している。店主の富田浩さんは「冬は白子も食べられ、身もおいしい季節。県外の方からもリーズナブルと驚かれます」と話す。

フグを堪能できるのが、フグ尽くしの「寅(とら)ふぐコース」(5000円~、税別)。あっさりしていて歯応えがある「薄造り」は、ポン酢にもみじおろしを添えてさっぱりと。「フグ皮ポン酢」は弾力があり、プルプルとした食感だ。熱々の「あらちり鍋」は、プリプリのフグの身、とろとろの皮が入っていて具だくさん。締めにいただく雑炊は、フグのだしが染み渡っている。日本酒も充実しているので、料理と共にゆっくり味わいたい。

フグのほか、旬を迎えているアンコウもお勧め。アンコウ鍋は1人前2800円(税別)。



寅ふぐコース。写真手前右から時計回りに、前菜3点盛り、薄造り、あらちり鍋、磯部揚げ、フグ皮ポン酢。トラフグ(右上)をさばいて調理する。コースは2人前から要予約


店内は掘りごたつ席で落ち着ける空間。友人や家族との集い、接待にも


店舗外観。ライトアップされてしっとりとした雰囲気


味工房陣屋

沖縄県那覇市久米1‐7‐23(地図
098‐864‐5908

営業時間
17時30分~24時

定休日
日曜

<毎日のランチや友だちや家族とディナーはいかがですか? 食楽サーチ一覧へ


編集/栄野川里奈子
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざ
「第1696号 2020年1月30日紙面から掲載」

専門店

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:237

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る