鶏手羽先のやわらか飾り揚げ|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年5月26日更新

鶏手羽先のやわらか飾り揚げ|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。軟らかく仕上がるので、子どもからお年を重ねた方まで食べやすい鶏手羽先のやわらか飾り揚げ。



手羽は肉が軟らかくて食べやすい。よくもみ込んで下味を付けましょう。

鶏手羽先のやわらか飾り揚げ

調理時間20分

鶏手羽先のやわらか飾り揚げの材料(4人分)
鶏手羽中 6本
大さじ1
しょうゆ 大さじ3
おろしショウガ 少々
1個
小麦粉 大さじ4~6
ベーキングパウダー 小さじ1
揚げ油 適宜
アルミ箔  
白紙  
 
鶏手羽先のやわらか飾り揚げの作り方
1. 鶏手羽中は、先端の関節から先を切り落とす。骨を一本残して肉をめくって、一方にしごき、丸める。
※細い骨を残すと形良く仕上がる。
2. 酒・しょうゆ・ショウガを①に加え、水気がなくなるまで手でよく混ぜ合わせる。
3. ②の中に卵を割りほぐして入れ、小麦粉とベーキングパウダーを加え、全体によく混ぜ合わせる。
4. 中温に熱した揚げ油の中に、一つ一つ形を整えながらゆっくりと5分ほど揚げる。
5. つやのあるキツネ色になったら、温度を上げて取り出す。
※仕上げは二度揚げにしてもよい。
6. アルミ箔で骨の部分を包み、さらに紙飾りを付けて盛り付ける。


講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1506号 2016年5月26日掲載
[ランチ・ディナー・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る