白身魚のすり身で作る 裏チキチヌク|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年5月12日更新

白身魚のすり身で作る 裏チキチヌク|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。白身魚のすり身をシイタケの裏側にのせ、蒸し上げる「裏チキチヌク」。伝統的な琉球料理です。



肉厚なシイタケのうま味と一緒にいただく

裏チキチヌク

調理時間25分

裏チキチヌクの材料(6個分)
シイタケ(乾燥) 6枚
だし 150ml
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ2
みりん 大さじ1
魚のすり身 150〜200g
適量
みりん 少々
少々
水溶きかたくり粉 小さじ1
かたくり粉 少々
 

裏チキチヌクの作り方
1. シイタケは小さめの形の良いものを選んで水に戻し、石づきを取って分量の調味料で煮含めておく。
2. 魚のすり身をすり鉢に入れてすり、水を加えて練り具合を見る。みりんと塩を加えて加減する。
すり身に味がついている場合は、加えなくてもよい。水溶きかたくり粉を加えながら滑らかになるまですり混ぜる。

※ふわっと仕上げたいときは、軽く混ぜた卵白を加える。
3. 煮含めたシイタケの汁気を絞り、裏側にかたくり粉を軽くまぶして、すり身を形よくこんもりとのせる。
4. 蒸気の上がった蒸し器に③を並べ、中火で約10分間蒸す。
5. 蒸し上がったら、そのままか、半月に切って盛り付ける。


講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1504号 2016年5月12日掲載
[ランチ・ディナー・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る