春の和菓子 くず桜|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年4月14日更新

春の和菓子 くず桜|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。花にあふれる春を食卓で感じる和菓子、くず桜。プルッとした食感がたまりません。



見た目涼やか、プルンとした食感

くず桜

調理時間12分

くず桜の材料(5人分)
くず粉 50g
上白糖 60g
3/4カップ
白あん 100g
食紅 少々
桜の花 少々
 

くず桜の作り方
1. 白あんに、水溶きの食紅を加えてピンクに着色し、5等分に丸く整える。
2. 鍋に上白糖と水を入れて弱火で溶かし、さました後、くず粉を混ぜてこす。
3. ②を弱火にかけ、木じゃくしでゆっくりと練っていく。もっちりと固まるまで。
4. ③の生地で①のあんを手早く包み、蒸気の上がった蒸し器に入れて中火で5分くらい蒸す。
5. 銘々皿に④を盛り付け、塩抜きした桜の花をのせる。

 


講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』松本嘉代子のイチから琉球料理・第1500号 2016年4月14日掲載
[スイーツ・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る