チャンプルーに「醤油糀」|酵素でイキイキ!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄のイベント情報満載!(2018年6月14日〜)

きょうのごはん

毎日のレシピ

2018年6月7日更新

チャンプルーに「醤油糀」|酵素でイキイキ!

麹(糀)を使った調味料や簡単な料理を紹介。
執筆者:仲宗根悦子<03>

今回紹介するのは「醤油糀」です。醤油糀(麹)は、醤油に米糀を加え、10日ほど常温で寝かせるだけ。簡単に作れて、うまさは格別です。醤油糀に含まれるうま味成分「グルタミン酸」の含有量は、塩糀の約10倍以上といわれていて、ビタミン、ミネラルも豊富です。
醤油糀の深いうまみは、「生揚醤油」のよう。生揚醤油とは、一般的な醤油と異なり、火入れやろ過をせずに微生物が活動している醤油のこと。ほとんど流通していません。
何と言っても、オススメはチャンプルー! 醤油糀だけで、おいしく仕上がります。味付けは、ちょっと薄いくらいでOK。10分くらいたつと、味が染み込んでちょうどいい味になります。醤油糀で刺し身を漬けると、まろやかになりますし、豆腐にかけたり、卵かけご飯に用いても美味です。




醤油糀だけでOK!

「ドレッシングに」
家にあるドレッシングや焼肉のタレに醤油糀を加えると、味に深みが加わる。

「ニンジンシリシリー」
オリーブオイルでシリシリーにしたニンジンを炒める。少し水を足して蒸し焼きにする。完成する2~3分前に、醤油糀を入れて混ぜる。

「チキンのソテー」
鶏肉を蒸し焼きにして、醤油糀を鍋肌から入れる。

「キノコとエビ炒め」
オリーブオイルでキノコとエビを炒めて、醤油糀を入れる。


醤油糀|酵素でイキイキ!

醤油糀

材料

米糀200g
醤油200~300ml


作り方

  1. 容器に材料を入れて混ぜる。
  2. 1日に1回空気を入れるように混ぜ、常温で7~10日置く。

冷蔵庫で3カ月保存可能。



執筆者
仲宗根悦子
仲宗根糀家代表取締役社長。米糀や発酵調味料の製造・販売、講演を行う。ビジネスサプリメントアドバイザー、ホリスティック栄養アドバイザー


毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1611号 2018年6月7日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1076

沖縄の大人女子を応援します。

SIMATABI_台湾

TOPへ戻る