魚介のグラタン|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年11月30日更新

魚介のグラタン|ごちそうレシピ

エビのソースがかかった優しい味のグラタン。パーティーが増えるこれからの季節にぴったりな、豪華な料理を紹介します。
講師:小林光栄(松本料理学院講師、ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ)


 

まろやかで優しい味に香り豊かなエビのソース

魚介のグラタン

材料(4人分)

(20g×8)
エビ、ホタテなど 適宜
マッシュルーム 8個
アボカド 1/4個
ニンジンなどの野菜 適宜
【アパレイユ】 (10~12人分)
生クリーム(動物性) 170ml
牛乳 100ml
卵黄 1個
全卵 1個
塩こしょう 適宜
ナツメグ 適宜
【エビのソース】  
エビの頭や殻 100g
香味野菜(ニンジン、タマネギなど) 30g
白ワイン 100ml
150ml
生クリーム 50ml
コーンスターチ 適量
トマトペースト 小さじ1
ブランデー 適宜
カエンペッパー 少々
 

作り方

1. 魚を3枚におろし、骨を抜いて20gに切りそろえ、うす塩をする。
2. エビ、ホタテ、カニなどを親指大に切りそろえ、塩こしょうを振る。マッシュルームやアボカドを角切りにする。
3.
アパレイユを作る。ボウルに全卵と卵黄を入れて溶きほぐし、生クリーム、牛乳を加えて混ぜる。塩こしょう、ナツメグを加えて味を調える(写真)。
4. 浅めのココットに、魚、ホタテ、マッシュルーム、アボカドを彩りよく散らし、③を流し、150度のオーブンで20分焼き上げる。
5.
ソースを作る。香味野菜を薄切りにする。手鍋にバターを溶かし、エビの殻、香味野菜を加えて炒め、ブランデーを加えて一気に火を入れてフランベをする(写真)。白ワインを加えて煮詰め、トマトペースト、水を加えて15分煮込み、こす。煮詰めた後、生クリームを加えてさらに煮詰め、塩・カエンペッパーで味を調える。
6. 焼き上げたグラタンに、エビのソースを添える。



<おいしそうなレシピがいっぱい!>家で作れる豪華なパーティー料理!



講師
小林光栄(松本料理学院講師)
ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ

 

琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1585号 2017年11月30日掲載
[レシピ・魚介のグラタン・パーティー料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る