ローストビーフ|ごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年11月30日更新

ローストビーフ|ごちそうレシピ

牛肉のうまみを存分に味わえるローストビーフ。パーティーが増えるこれからの季節にぴったりな、豪華な料理を紹介します。
講師:小林光栄(松本料理学院講師、ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ)


 

ジューシーな肉に、コクのあるソースがぴったり

ローストビーフ

牛肉(もも肉、サーロインなどブロックで) 500g
サラダ油 30ml
バター 20g
香味野菜(ニンニク、セロリ、ニンジンなど) 適宜
塩こしょう 適宜
白ワイン 150ml
フォン・ド・ヴォー 100ml
バター(ソース用) 20g
付け合わせ/エリンギ、ルッコラなど適宜  
 

作り方

1.
牛もも肉は筋を取り除き、たこ糸で縛り、整形する=写真上(筋は捨てずに取っておく)。塩こしょうをたっぷりとすり込み、サラダ油を熱したフライパインで、肉全体的に焼き色をつける(写真下)。

※肉を返しながら、全体的に焼き色を付ける。
2. ①の肉の筋や、角切りにした香味野菜を、①の肉を焼いたフライパンに入れて軽く炒める。
3.
①の肉を②の香味野菜の上に載せ=写真、150度のオーブンで30分を目安に焼き上げる。
※途中、ひっくり返す。
4.
③の肉を取り出し、しばらくアルミホイルをかぶせて休ませる(写真)。
※アルミホイルで保温し、余熱でじっくり火を通す。
5.
③の肉を取り出した後に残った肉汁、香味野菜を鍋に移し、白ワインを注いで煮詰め(写真上)⑤、フォン・ド・ヴォーを加えてしばらく煮込み、こす。バターを溶かし加え、塩こしょうで調味する(写真下)。
6.
鍋を火にかけ、バターを溶かし、④の肉にまんべんなくかける(写真)。
7.
付け合わせの野菜をカットして焼く(魚焼きのグリルか油を敷かないテフロンのフライパンで)=写真。
8. ローストビーフをスライスし、ソースと野菜を添える。



<おいしそうなレシピがいっぱい!>家で作れる豪華なパーティー料理!



講師
小林光栄(松本料理学院講師)
ラ・メゾン・クレール1853オーナーシェフ

 

琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1585号 2017年11月30日掲載
[レシピ・ローストビーフ・パーティー料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る