ごぼう[軟らかく煮てから調味料を入れる]|琉球料理レシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年8月10日更新

ごぼう[軟らかく煮てから調味料を入れる]|琉球料理レシピ

[沖縄のごちそうレシピ]お盆に向けて、行事に欠かせない重詰め料理を2回に分けて紹介します。丁寧に作った一品は、手作りならではのおいしさです。「ごぼう」は、2~3日ほど保存できるので、前もって作っておくのもいいでしょう。
講師:松本嘉代子(松本料理学院学院長)

ごぼう|レシピ|琉球料理

軟らかく煮てから調味料を入れる

ごぼう

材料 調理時間
ゆで時間約50分
仕上げ約10分

ごぼう 2~3本
かつおだし 1~1・1/4カップ
砂糖 1/4カップ
小さじ1/2
しょうゆ 大さじ2
 

作り方

1.
ごぼうは洗って皮をこそげ取り=写真上

重箱の1/3の長さに切り=写真上、太いものは二つ割りにする。米のとぎ汁に入れてあくを取る。それを洗って、かぶるくらいの水を加えて火にかけ、軟らかくなるまで煮る=写真下。
2.
かつおだしに分量の調味料を煮立て、①のゆでたごぼうを入れて味が浸透するまで煮付ける=写真上。



<おいしそうなレシピがいっぱい!>重詰め料理を手作りで



講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。

 

琉球料理を学んでみたいという方は↓

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1569号 2017年8月10日掲載
[レシピ・ごぼう・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:202

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る