チキナーチャンプルー|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年2月23日更新

チキナーチャンプルー|沖縄のごちそうレシピ

漬菜(チキナー)をチャンプルーにすると、食材の風味が生き、塩味を効かせながらもまろやかに仕上げます。身近な料理にも、体にいいものやおいしく食べる先人の知恵が詰まっています。
講師:松本嘉代子(松本料理学院学院長)



漬菜にして炒めると、塩味がまろやかになり、からし菜の風味がより一層生きます。

チキナーチャンプルー

材料(5人分)
チキナー(からし菜の塩漬け、漬菜)1束/450g
塩/適量
豚三枚肉(ゆで)/80g
削りカツオ/13g
豆腐/1/2丁
油(手順5)/大さじ1
油(手順6)/大さじ2
塩/少々
しょうゆ/少々

作り方
1.からし菜は洗って塩漬けにし、チキナー(漬菜)を作る。

※からし菜に塩をなじませるように手押しし、材料の準備などの合間に3~4回繰り返す。

2.チキナーを洗って1~2センチ長さに切る。

※塩辛くなければ、洗わない。

3.豚三枚肉は短冊に切る。

4.豆腐は手でちぎって水気を切っておく。
※キッチンペーパーで表面の水分をふき取る。

5.鍋に油を熱し、豆腐を入れて焼き目をつけて取り出しておく。

※油が少ないと黒く焦げるので、油はしっかり使う。

6.⑤の鍋に分量の油を足し、豚三枚肉とチキナーを炒め、⑤の豆腐と削りカツオを加える。

7.チキナーの塩味を確かめてから、塩の分量を加減し、味を調える。

8.しょうゆは香りをつける程度に、鍋肌から入れて仕上げる。

<完成>


身近な料理に先人の知恵
クリジューシー
ナントゥンス

ごちそうレシピ一覧

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。

 


編集/柳田敏孝
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1545号 2017年2月23日掲載
[レシピ・チキナーチャンプルー・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る