小芋とかぼちゃの煮合わせ|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年10月14日更新

小芋とかぼちゃの煮合わせ|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。素材の味がそれぞれ引き立つ秋の和食メニューをご紹介します。



素材の味がそれぞれ引き立つ

小芋とかぼちゃの煮合わせ

材料(5人分) 調理時間48分
小芋とかぼちゃの煮合わせの材料

ふき(水煮) 100g
だし 1カップ
砂糖 大さじ1
みりん 小さじ1
薄口しょうゆ 大さじ2
カボチャ 適宜
シメジ 1パック
小芋 10個
ニンジン 10枚
だし 1・1/2カップ
砂糖 大さじ1
少々
薄口しょうゆ 大さじ2
 
作り方
1. 鍋にだし、赤色の材料を入れてひと煮立ちさせ、容器に移してさます。
2. ふきはサッと湯通しをしてザルに上げ、うちわなどで急速にさまし、①の中に入れて味を含ませる。
※ふきの代わりにアスパラガスでも良い。今回は、アスパラガスを使用。
3. 5ミリ厚さに切ったニンジンは楓(カエデ)型でやや厚めに型を抜き、ゆでておく。
4.
カボチャは、木の葉型の飾り切りをしておく。
※周囲を葉の形に切って面取りをし、小刀で葉脈の模様をつける=写真。
※ワタから煮崩れするので、ワタはきれいに取る。
5. 小芋は皮をむいてゆでておく。
6. 鍋に緑色の材料を入れ、ひと煮立ちさせ、二つの鍋に分ける。
7.
一つの鍋にカボチャを入れ、煮えてきたら、シメジを加える=写真。
8.
もう一つの鍋に小芋を煮て、③のニンジンを入れて味を含ませる=写真。
9. 器に⑦と⑧を入れ、②のふきを添える。


秋のレッスン生募集
10月から、秋のレッスン生を募集。きほんの家庭料理科、きちんと琉球料理科、パティシエの洋菓子の3コース。

<申し込み・問い合わせ>
松本料理学院
098-861-0763

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1526号 2016年10月26日掲載
[レシピ・小芋・かぼちゃ・しめじ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る