赤瓜のうま煮 モーウイ ンブシー|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年8月11日更新

赤瓜のうま煮 モーウイ ンブシー|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。モーウイは赤瓜のことで、伝統的な島野菜の一つ。今回はダシを煮詰めてうま味を凝縮させる庶民料理のンブシーを作ります。



カレーやカポナータにも合うモーウイ。ンブシーは油で炒めてからダシで煮詰める。

モーウイ ンブシー

材料(5人分) 調理時間40分
モーウイ ンブシーの材料

モーウイ 1.2kg
サラダ油 大さじ2~3
豚三枚肉(ゆで) 80g
ダシ(カツオダシ・豚ダシ) 適量
小さじ1
しょうゆ 小さじ2
 
作り方
1. モーウイは皮をむいて、縦に二つ割りにして種を取り除き、5ミリ~1センチ厚さに切る。
2. ゆでた豚三枚肉は1センチ幅の短冊に切る。
3. 鍋にサラダ油を熱し、豚三枚肉を入れて脂がジリジリと出てきたら、モーウイを入れて強火で炒める。
4. 全体に油が回ったら、ダシを鍋肌から加え、中火にしてゆっくり煮込む。
5. 途中、煮減りしたら数回に分けてダシを鍋肌から加える。
※火加減はクツクツと音がするくらい。鍋はフタをしない。
6. モーウイが軟らかくなったら、塩としょうゆを加えて、味が浸透するまで煮込む。

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1517号 2016年8月11日掲載
[レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:207

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る