熱中症対策に みそキャラメル|薬膳華みそで体の免疫力アップ[5]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2020年8月13日更新

熱中症対策に みそキャラメル|薬膳華みそで体の免疫力アップ[5]

「みそキャラメル」を紹介します。手軽につまめて、砂糖とみその塩分が入っているので、熱中症対策にも。常備しておくといいでしょう。玄米や黒大豆の入った薬膳華みそを使うと、より体に優しいおやつになりますよ。


結婚記念日や誕生日などの記念日に向けて、わが家の「記念日みそ」をお作りになってはいかがでしょうか。薬膳華みそは熟成期間が必要なので、半年前から作り始めるといいですよ。愛情いっぱいの手作りのみそは、思い出に残ることでしょう。(

みそキャラメル
【材料】
コンデンスミルク1缶(約380g)
日本製のマーガリン2本(1本100g)
ピーナツ70g(粗めにきざむ)
砂糖400g、水あめ200g
バニラエッセンス少々
みそ大さじ1~2


【作り方】
鍋にマーガリン、砂糖を入れて強火にかける。

②①が煮立ってきたら中火にして、水あめ、コンデンスミルクを入れ、鍋を動かしながらあめ状になるまで煮詰める。火から下ろす前にピーナツ、みそ、バニラエッセンスを入れる。

③バットに②を流し込んで、常温で粗熱を取ってから切る。長期保存したい場合は、冷蔵庫へ入れる。



知念美智子さん。(有)ハイビスカスクッキングスクール校長。食育研究家。「薬膳華みそ」を考案、特許を取得。文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞。沖縄県産業まつりで県知事賞受賞。毎週土曜日に薬膳みそ教室を開催。​

編集/栄野川里奈子
『週刊ほ〜むぷらざ』薬膳華みそで体の免疫力アップ[5]
第1723号 2020年8月13日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:235

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

TOPへ戻る