トマトで酵素パワーアップ|酵素でイキイキ!|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2018年10月4日更新

トマトで酵素パワーアップ|酵素でイキイキ!

麹(糀)を使った調味料や簡単な料理を紹介。
執筆者:仲宗根悦子<07>

酵素が働くには、ビタミン・ミネラルが必要です。完熟トマトジュースを使った「トマト塩糀」は、糀に酵素、トマトにビタミン・ミネラルが含まれていて、効率良く酵素を取れます。さらにトマトには、抗酸化作用を持つファイトケミカルも含まれているのです! トマト塩糀を使った一押しメニューは、温野菜サラダスパゲティ。トマト塩糀のうま味が野菜のおいしさを引き出し、加熱することで野菜がたっぷり取れます。ビタミン・ミネラル豊富なアボカドの種も一緒に煮込んで、余すことなく栄養をいただきましょう。



温野菜サラダスパゲティ
スパゲティ麺120g、玉ネギ1/2個、ひき肉100g、ニンジン1/2本、パプリカ1/2個、オクラ5本、アボカド1個、トマト1個、しめじ100g、トマト塩糀、こしょう少々
①ひき肉にトマト塩糀10gを混ぜて1時間ほど常温で置く。フライパンに湯をわかし、トマト塩糀を大さじ1入れ、麺を二つに折りゆでる。(表示のゆで時間より2分早めに)
②野菜を細切りにする。オクラは縦二つ、アボカドは2cm角、トマトは8つ切り。
③フライパンにオリーブオイルを引き、玉ネギ、ひき肉、ニンジン、パプリカの順に炒め、軽く火が通ったら200mlのお湯を加え、オクラ、トマト、アボカドの種を加える。トマト塩糀を大さじ1、パスタを入れ、水分を麺に吸わせる。味を調え、アボカド、こしょうを加えて火を止める。アボカドの種を取り除く。




トマト塩糀の酢キャベツ
キャベツ1/2個(500g)、トマト塩糀 50g(キャベツの10%)、醸造酢200ml、粒マスタード小さじ2(お好み)
①キャベツは洗って水気を切り細切りにし、保存袋に入れる。
②①にトマト塩糀を入れ、半日~1晩置く。
③②がしんなりしたら酢、好みでマスタードを加える。



トマト塩糀
米糀200g、100%のトマトジュース200ml、塩60g
①容器にトマトジュースを入れ、塩を加えてよく混ぜ、米糀も加えてよく混ぜる。
②常温で軽くフタか布巾をかぶせて10日ほど置く(1日1~2回混ぜる)。
※完成後3カ月保存できる。


10月19~21日、沖縄の産業まつりに出展。お気軽にご来場ください


仲宗根悦子さん|仲宗根糀家代表取締役社長
執筆者
仲宗根悦子
仲宗根糀家代表取締役社長。米糀や発酵調味料の製造・販売、講演を行う。ビジネスサプリメントアドバイザー、ホリスティック栄養アドバイザー


毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ
「第1628号 2018年10月4日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1594

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る