ヨモギを使ったフーチバージューシー|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年4月7日更新

ヨモギを使ったフーチバージューシー|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長から、琉球料理のイロハを教えていただく「イチから琉球料理」コーナーで紹介したレシピです。これが作れたら、あなたは沖縄料理人!? 今回はだしのうま味を生かし、ヨモギの香りがクセになる「フーチーバージューシー」です。



フーチバー(ヨモギ)を使って、じんわりだしの味を

フーチバージューシー



フーチバージューシーの材料(5人分)
1カップ
かつおだし+豚だし 8カップ
豚三枚肉(ゆで) 100g
フーチバー(ヨモギ) 50~60g
小さじ2
しょうゆ 小さじ1
小さじ2
 

フチーバージューシーの作り方
1. 米は30分前に洗ってざるにとっておく。
2. フーチバーは葉を摘み、水の中でもみ洗いをする=写真①。大きければ食べやすい大きさに切って使う。※もみ洗いするのは、フーチバーに傷を付けて、水の中にアクを出すのが目的。
3. 丸ごとゆでた豚三枚肉は短冊に切る。
4. 鍋に米とだし、三枚肉、フーチバーを入れる。さらに、塩、しょうゆ、油を入れて混ぜる。
5. 4を強火にかけて沸騰させ、アクをとったあと弱火で静かに煮る=写真②。途中でかき混ぜないように注意(みそ味にするときは火から下ろす間際にみそを溶いて加える)。とろみがついたら、出来上がり。

※弱火の火加減は[火力が弱すぎると米と水が分離してしまうので、「グツグツ」と具が動くくらいの火加減で煮込む]。

 


講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から
編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』松本嘉代子のイチから琉球料理・第1499号 2016年4月7日掲載
[ランチ・ディナー・レシピ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る