ゴーヤージュース|飲みやすくて後味さわやか|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年11月9日更新

ゴーヤージュース|飲みやすくて後味さわやか|沖縄のごちそうレシピ

講師:松本嘉代子(松本料理学院 学院長)



飲みやすくて後味さわやか

ゴーヤージュース

材料(5人分)調理時間5分

ゴーヤー(搾り汁) 1/2カップ
シロップ  
 砂糖 1/2カップ
 水 1/2カップ
水(または炭酸水) 4カップ
レモンの搾り汁(またはシークヮーサーの搾り汁) 大さじ2
氷片 適量

作り方

1.
ゴーヤーはきれいに洗って緑の部分だけをおろし金でおろし、布巾で絞って青汁を作る。
2.
同量の砂糖と水を火にかけて煮溶かしてシロップを作っておく。冷まして、好みの量を加える。
3.
1のゴーヤーの青汁に2のシロップを入れ、次に分量の水でのばし、レモン汁を加えて香りをつける。
4.

グラスに氷片を2~3個入れ、その中に3のゴーヤージュースを注ぎいれる。


ゴーヤーの沖縄への伝来は550年ほど前と考えられ、原産地はインド、熱帯アジア。ビタミンCを多く含み、加熱してもビタミンCの損失が少ない。


秋から始まる料理クラスの受講生を募集中。詳細は下記まで問い合わせを!

もっとおいしく!もっと上手に!
松本料理学院 098-861-0763


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1582号 2017年11月9日掲載
[レシピ・ゴーヤージュース・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る