島ラッキョウと豚肉のサラダ|喜びごはん[3]|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年6月1日更新

島ラッキョウと豚肉のサラダ|喜びごはん[3]

2年間連載してきた「楽ロビで元気家族!」がリニューアル。野菜に加えて、肉や魚も取り入れたお手軽レシピを提案します。
「喜びごはん」主宰。楽ロビokinawa 代表の大城佐和子さんがわかりやすく教えてくれる♪

疲労回復に島ラッキョウ

梅雨入りした沖縄、雨は嫌いじゃない。幼いころ、雨音を聞きながら眠りにつくのは心地よく、水の中にいるようだった。

自然と人の体は一体であると考える東洋医学は、季節を意識する。最近の一押し食材は「島ラッキョウ」。今の季節にぴったりな、うれしい効果を持ち合わせる。ナトリウムの排出を促して血圧を下げ、むくみを取る「カリウム」が豊富に含まれる。特有のにおい成分「アリシン」は疲労回復や、滋養強壮が期待できる。夏バテを防ぎ、日焼け後の皮膚や粘膜の炎症を軽減する「ナイアシン」など、これからの時期に必要な成分のオンパレードだ。

その効果をより高める豚肉を合わせたサラダを紹介する。「疲労回復ビタミン」とも呼ばれるビタミンB1が豊富な豚肉。その働きを活性化させるのがアリシン。ビタミンB1は水に溶け出しやすく、炒めると効率的に摂取できる。ラッキョウのシーズンが終わったら、同じくアリシンが多く含まれるニンニクやタマネギに代えるのもおすすめ。疲れた時にぜひ活用していただきたい。


 

[レシピ]島ラッキョウと豚肉のサラダ

材料(4人分)
豚肉(切り落としなど) 150g
ショウガ 1片
大さじ1
島ラッキョウ 80g
キュウリ 1/4本
サニーレタス 100g
紫キャベツ 50g
キノコ 50g
お好みのドレッシング 適宜
 
作り方
1. 島ラッキョウは、下ごしらえをして斜めにスライスする。
2. 豚肉を、酒とすりおろしたショウガに漬ける。
3. オリーブオイルで②とキノコを炒めて取り出し、島ラッキョウを軽く炒める。
4. そのほかの野菜を適当な大きさに切る。皿に野菜、豚肉、島ラッキョウを盛り付ける。ドレッシングをかけて完成。




[執筆者]
楽ロビokinawa 代表
大城佐和子さん(おおしろ・さわこ)
「喜びごはん」主宰。「楽ロビokinawa」代表。和合医療学会認定フードマイスター。楽ロビ講師。料理講座で安心・安全な食、体が喜ぶ食卓作りを提案する。子どもの味覚を育てる活動にも力を入れる。一女四男の母親。

「楽ロビ料理教室」開催中。
詳しくは楽ロビ沖縄のフェイスブック
TEL:090-1942-0408

 

喜びごはんレシピ 過去記事一覧

大城佐和子さんの喜びごはん|過去記事一覧
過去記事一覧


編 集/栄野川里奈子
毎週木曜日発行・週刊ほーむぷらざ「第1559号2017年6月1日紙面から掲載」

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
funokinawa編集部

これまでに書いた記事:1601

沖縄の大人女子を応援します。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る