クリジューシー|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2017年2月23日更新

クリジューシー|沖縄のごちそうレシピ

時間をかけて煮ることで濃度を出す沖縄のヤファラジューシー。そのうちの一つであるクリジューシーの「クリ」はイカ墨の黒を指します。昔は、産後に老廃物を出すために食べる薬として食され、今でもその習慣が残っています。
講師:松本嘉代子(松本料理学院学院長)



じっくり煮るとイカが軟らかく仕上がります。米のとろみで優しい口当たりに。

クリジューシー

材料
米/1カップ
かつおだし/8カップ
ンジャナバー/150g(ニガナ、和名ホソバワダン)
イカ/150g
塩/小さじ1
イカの墨/大さじ1・1/2



作り方
1.米は炊く30分前に洗ってザルに上げる。
2.イカは墨の袋を破らないように取り出す=図A・B。胴は外側の薄皮をむいて短冊に切る=図C。目と目の間に包丁を入れ、口(歯)を取り出して足を5センチ長さ程度に切る。


3.ンジャナバーはざく切りにする。
4.深鍋に米、かつおだし、ンジャナバー、イカの順に入れてゆっくり時間をかけて炊く。
※沸騰したら火を中火に落とす。
5.④に濃度が出てきたら、塩・イカの墨を加え、ひと煮立ちさせて仕上げる。
※イカの墨は少しずつ混ぜ入れ、好みで調節する(写真)。

※混ぜるときは鍋底からそっと全体を回す。
※ンジャナバーの代用にカンダバー(葉カズラ)、ハンダマ(スイゼンジナ)でもいい。
※イカは中途半場に煮ると硬くなるので、長い時間をかけて煮る。


<完成>


身近な料理に先人の知恵
ナントゥンス
チキナーチャンプルー

ごちそうレシピ一覧

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。

 


編集/柳田敏孝
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ
第1545号 2017年2月23日掲載
[レシピ・クリジューシー・琉球料理]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る