ゴーヤーのごま和え|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

沖縄の魅力|上運天歯科矯正歯科

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年9月23日更新

ゴーヤーのごま和え|沖縄のごちそうレシピ

松本料理学院のがなは理恵子先生が教える家庭料理。手作りのゴマだれが味良くまとめ、ゴーヤーのシャキシャキした歯ごたえがたまらない。冷やしておいしく、夏にぴったりな一品。



手作りのゴマだれが味良くまとめ、ゴーヤーのシャキシャキした歯ごたえがたまらない

ゴーヤーのごま和え

材料(4人分) 調理時間15分

ゴーヤー 150g
鶏ササミ 大2本
大さじ2  
少々
黒ゴマ 小さじ1
 練りゴマ(白)  大さじ2
 すりゴマ 大さじ1
 塩 少々
 みそ 大さじ2
 砂糖 小さじ1
 
作り方
1. ゴーヤーは縦二つ割りにして、ワタを取り除き、薄切りにする。鍋に4カップほどの湯を沸かして、塩小さじ1を加え、ゴーヤーを入れてさっとゆでる(ゴーヤーを入れて再度鍋の湯が沸騰したら氷水に取る)。

※塩は味付けと色止めの役目がある。
2. 鶏ササミは酒と塩をふって蒸す。これを食べやすい大きさに繊維にそって、手でさいておく=写真①。

ビニール袋に入れて叩くとほぐしやすい


ほぐしながら筋は取り除く
※筋がでたら取り除く=写真②。
3. ボールに練りゴマ、すりゴマ、塩、みそ、砂糖を混ぜ合わせてゴマだれを作り、ゴーヤーとササミをあえる。
※ゴマだれはペースト状になるが、具の水分でちょうどよくなじむ。
4. 器に盛り付け、最後に黒ゴマを指先でひねりつぶしてのせる。
※いりゴマを指3本でつまみ、指先でキュッとひねりながらつぶしてかけ、香りを出す。

 

ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から


講師/がなは理恵子
編集/柳田敏孝
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1523号 2016年9月22日掲載
[レシピ・ゴーヤー・鶏ササミ・ごまだれ]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

TOPへ戻る