とうがんの銀あん仕立て|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年9月9日更新

とうがんの銀あん仕立て|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。【和風仕立てであっさり】旬の冬瓜を和風仕立てであっさりと、いつもとは違う味わいが楽しめます。



涼しげなひすい色が美しい

とうがんの銀あん仕立て

材料(5人分) 調理時間40分
とうがんの銀あん仕立ての材料

トウガン 400g
重曹と塩 少々
適量
カニ(むき身) 適宜
一番だし 3カップ
小さじ1/2
薄口しょうゆ 少々
水溶き吉野くず  少々
ワケギ 少々
 
作り方
1. トウガンは薄めに皮をむいて5cm角に切り、重曹と塩を混ぜたものをこすりつけ、しばらく置く。次に、皮側に斜めに細かい切り込みを入れる。

皮を厚くむくと緑の部分がなくなってしまうので、できるだけ薄くむく。
重曹と塩を塗るのは、色を鮮やかに出すため。
2. 鍋に1のトウガンを入れ、水をかぶるくらいたっぷり入れて軟らかくなるまでゆでる。

皮の部分を上にしてゆでる。
3. 一番だしに塩と薄口しょうゆを加えて、やや濃いめの吸地を作り、2のトウガンをつけておく。
4. カニは食べやすい大きさにそろえておく。
5. 3のトウガンを取り出した後、吸地に水溶き吉野くずを入れ、ゆるやかな濃度をつけて銀あんを作る。
6. 器に3のトウガンと4のカニを盛り付け、5の銀あんを注ぎ入れ、ワケギを飾る。

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から


編集/栄野川里奈子
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1521号 2016年9月8日掲載
[レシピ・冬瓜・銀あん]

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
栄野川里奈子

これまでに書いた記事:205

編集者
おいしいものに目がないガチマヤー(くいしんぼう)。2016年に国際中医薬膳師の資格をとりました。おいしく健康に!が日々のテーマ。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る