はったい粉で作る ユーヌク餅|沖縄のごちそうレシピ|fun okinawa~ほーむぷらざ~

沖縄で暮らす・食べる
遊ぶ・キレイになる。
fun okinawa 〜ほーむぷらざ〜

彩職賢美|沖縄の輝く女性にインタビュー

きょうのごはん

毎日のレシピ

2016年7月28日更新

はったい粉で作る ユーヌク餅|沖縄のごちそうレシピ

沖縄料理に精通した松本料理学院の松本嘉代子学院長が教える「ごちそうレシピ」。低カロリーで栄養的にも腹持ちもよく、おすすめしたい食材。



ユーヌクとは、はったい粉のこと。低カロリーで栄養的にも腹持ちもよく、おすすめしたい食材。

ユーヌク餅

材料(18個分) 調理時間35分
ユーヌク餅の材料

白玉粉 50g
くず粉(タピオカ粉でも可) 50g
1カップ
小豆あん 180g
砂糖 180g
少々
適量
はったい粉(ユーヌク) 100g
手粉用はったい粉 適量
 
作り方
1. ボウルに白玉粉とくず粉を入れ、水を少しずつ加えながらませて溶かす。
※30ミリリットルくらいは最後の調整用に残す
2. ①がなめらかになったら、砂糖、塩、はったい粉を加えてよく混ぜる。

※粉の鮮度によって必要な水の量が変わるため調整し、足りない場合は加える。
3. 蒸し器にぬれ布巾を敷いて、②を流し込み、強火で15分蒸す。
4. ③が蒸しあがったら、ぬらしたボウルに移し、よくこねて餅状にする。
※冷えると硬くなるので、温かいうちにこねる。
5. バットに手粉用はったい粉を広げ、④を移して軽くまとめ、台の上で棒状(直径2センチ)に伸ばして、18個に切る。
6. ⑤を円形に伸ばし10グラムずつに丸めた小豆あんを包んで仕上げる。
 
☆棒状に伸ばして5センチくらいに切ってはったい粉をまぶしてもよい。
 
★手前があんを包んだもの、後ろはあんを使わず棒状にしたもの。

講師
松本嘉代子(まつもと・かよこ)
1969年、沖縄県那覇市に松本料理学院設立、学院長。NPO日本食育インストラクター1級、全国料理学校協会 教員認定資格 特別師範、栄養士。琉球料理、沖縄家庭料理に精通し、幅広く活動。タイムス住宅新聞社発行の週刊ほ〜むぷらざで「ごちそうレシピ」「沖縄の行事と食」「イチから琉球料理」などのコーナーでもその魅力を多くの人に発信している。


ごちそうレシピ|沖縄料理と琉球料理を家庭から
編 集/柳田敏孝
『週刊ほーむぷらざ』ごちそうレシピ・第1515号 2016年7月28日掲載

毎日のレシピ

タグから記事を探す

この記事のキュレーター

スタッフ
ぎだちゃん

これまでに書いた記事:107

プランナー(企画・編集)
「自由に生きたい」。そのためには健康や豊かさについての情報を知ることから始まると思っています。だからこそこのサイトでの情報発信して、お伝えしていきたいと思っています。アメリカ南部をこよなく愛し、ゴスペルを歌うお弁当男子。あ、基本はハチャメチャな感じです。

funokinawacolumswitch2016

TOPへ戻る